ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』をイッキに見放題できる動画配信サービスまとめ

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』全9話の動画配信状況を、国内ドラマに強い動画配信サービス10社に絞ってまとめています。

先に結論を言うと、全話無料で視聴できて、お得なサービスが有るU-NEXTが一番おすすめです。

ルーズヴェルト・ゲーム
U-NEXTで今すぐ無料視聴する

2019年3月11日調べ

動画の配信状況はサムライVODが調査した時点での情報なので、詳細は各公式サイトで確認しましょう。

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』|動画配信状況

入会済みの動画配信サービス(27社)の中から、ドラマに強いサービス10社に絞ってリサーチしています。

VOD U-NEXT FODプレミアム Hulu パラビ テラサ Amazonプライム・ビデオ dTV ネットフリックス TSUTAYA TV ビデオマーケット
ルーズヴェルト・ゲーム(ドラマ:全9話) 324円 324円
お試し体験 31日間 1ヶ月間 14日 入会月 30日間 30日間 31日間 1ヶ月間 30日間 入会月
詳細

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

2019年3月11日調べ

○印は見放題配信。金額表示はレンタル料金です。

動画の配信状況はサムライVODが調査した時点での情報なので、詳細は各公式サイトで確認しましょう。

SP=スペシャル版/SF=スピンオフ作品

ルーズヴェルト・ゲームを無料で見放題するならU-NEXTがオススメ!オススメの動画配信サービス

U-NEXTはルーズヴェルト・ゲーム全9話を見放題で配信中。

31日間のお試し期間を使えば無料で視聴できる上に、600円分のポイントが貰えるのでかなりお得です。

パラビhuluでも見放題ですが、お得度で言えばやはりU-NEXTが抜けています。

また、高画質配信なので、テレビに繋いだりホームシアターで視聴する人は大画面で綺麗に視聴できますよ。

  1. U-NEXTは31日間のお試し期間を使えば無料で視聴できる上、期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  2. お試し入会時に600円分のポイントが貰えて、新作映画やレンタル作品を無料視聴できる。
  3. 高画質配信・4K配信に力を入れていて、大画面テレビやホームシアターでの視聴もかなりキレイ。
  4. 貰えるポイントでもNHK作品(大河/朝ドラなど)が見放題できる
  5. 100誌以上ある有名雑誌が読み放題できる。
今なら2020年3月27日調べ
  • 今日から俺は!
  • この男は人生最大の過ちです
  • ハコンの品格
  • ガリレオ
  • 3年A組
  • 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
  • SPEC
  • アタシんちの男子
  • 家政婦のミタ
  • TRICK
などの作品も見放題で配信中。 入会手順もめっちゃ簡単。

入会の解説手順を表示

U-NEXT【公式】
31日間お試しページ

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』|作品情報(スタッフ・キャスト)

ルーズヴェルト・ゲーム(ドラマ)

原作 小説(池井戸潤)
演出 福澤克雄/棚澤孝義/田中健太
脚本 八津弘幸/山浦雅大/西井史子
制作 TBS
公開年 2014年
話数 全9話
視聴率 14.5%
  • 唐沢寿明
  • 檀れい
  • 石丸幹二
  • 工藤阿須加
  • 六角精児
  • 児嶋一哉
  • 手塚とおる
  • 高橋和也
  • 和田正人
  • 坂東三津五郎
  • 香川照之
  • 立川談春
  • 江口洋介
  • 山﨑努

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』|視聴者の感想と評価・評判

ルーズヴェルト・ゲームを視聴した人がおすすめする類似作品が

などの作品。この中に好きな作品がある人はルーズヴェルト・ゲームもハマる可能性大ですよ。

熱血ドラマ!

  • やつだたくみ
  • 40代・男性
  • ★★★★☆(8/10)
  • 愛という名のもとに

唐沢寿明さん主演の「ルーズベルトゲーム」は、あの大ヒットドラマ「半沢直樹」の作者、池井戸潤氏の原作です。そして同じくTBSの半沢スタッフが、手掛けたドラマということで、重厚で濃密な人間社会派ドラマです。

この物語は、企業とスポーツをうまく組み合わせたドラマで、非常に見応えがありました。

企業ものを得意とする池井戸作品の中でも、他の作品とは、ちょっとニュアンスが違ったドラマだと思います。

主演はベテランの唐沢寿明さんでしたが、非常に役にハマっていたと思います。唐沢さんの社長ぶりも、なかなか熱くてよかったですね。

その他俳優陣も実に豪華でした。唐沢寿明さんとぶつかる役として、江口洋介さんが出演していました。

若い頃に、共演していたお二人がこのドラマで、再び共演、役柄も全く違う、シリアスな社会派ドラマで、お二人がぶつかるのは、なかなか見応えがありましたね。

この2人の組み合わせは、見ていてとってもバランスが良かったと感じます。

会社の野球チームのお話

  • りんご
  • 40代・女性
  • ★★★★☆(7/10)

経営があやうい会社が危機を脱するため、維持費がかかる野球部を廃止にしようと社長は決定します。

しかしながら、野球部は創業者で現会長が創設したため、簡単には廃部にできません。

野球部の部員も人生がかかっているため、本気で戦うことをきめ、一致団結します。

そんななか、ライバルの会社から野球部員が引き抜かれてしまったり、会社そのものの吸収合併の話が出たり、状況は二転三転します。

どの登場人物もそれぞれの事情を抱えており、みんなが生きるために一生懸命な姿に共感しました。

理想と建て前、そして本音と葛藤、さまざまな感情がうごめいています。予想のつかない展開に毎回はらはらさせられました。

ドラマに出てくる人たちはどこにでもいるような人たちで、彼らの行動に、そうくるかぁとか、こうした方がいいのに、とかいろいろ考えさせられました。

状況は違えど、だれもが似たような状況や環境になりそうで、リアル観のあるドラマでした。

会社員として働いたことがある人におすすめできます。

社会人野球ドラマ

  • hy
  • 30代・男性
  • ★★★★☆(8/10)

ルーズヴェルト・ゲームは池井戸潤さん原作の社会人野球をテーマにしたドラマで、アメリカ大統領のフランクリン・ルーズヴェルトが野球の試合では8対7でのゲームスコアは1番面白いということから、名付けられた。

社会人野球という、少しマイナーな世界を舞台にしていて企業スポーツのあり方から、会社員として働きながら野球をプレーするという様々な観点をテーマにしていて、会社の景気によって野球部活動が縮小していく姿や大企業対中小企業との対決など、見所はたくさんあります。

青島製作所という電子部品メーカー(モデルは現在、鷺宮製作所)の舞台になり、ライバル会社の影響を受け経営は不振に陥る。更には野球部員を引き抜かれ、野球部は廃部寸前になるのだが、野球部長兼総務部長の三上文夫が奮闘をし会社の象徴である、野球部を残そうとする。

しかし、中間管理職ゆえリストラもしないといけないところで板挟みにされる。

しかし、野球部の廃部は決まってしまうのだが色々な手を使い選手の雇用を守ろうとするヒューマンドラマで、野球に興味がない人でもつい見てしまいます。

何事も諦めてはいけない!

  • さかなひめ
  • 24歳・男性
  • ★★★★☆(8/10)

ルーズヴェルト・ゲームは野球から取られた名前です。そんなこともありある企業が経営に苦しみながらも野球を通じて再現する物語になっています。

社会人野球の素晴らしさだけでなく人としての感動の物語があります。

特に、経営が苦しくなってきたときにライバルに移籍するものなど大波乱が起こります。

監督が解任したり無茶苦茶な状態になりますが、社会人ならではの知恵を使い大きく成長します。

監督が変わって不満などたくさん出るのですが、データをこと細かく分析してオーダーを組んだり相手のスキなど見つけそこを責め立てるなど野球人からしても驚くような戦術で戦い抜きます。

その企業の役員のほとんどが利益を生まない野球を解散するべきだと言っており存続がとても厳しいときに現れた人ことが工藤監督の息子なのです。

不祥事を起こし野球から離れていましたがその実力は遥かに上回る力を持っていました。

しかし、過去のトラウマなどからやる気持ちが出ないときにやる気にさせれた言葉や人を見ると感動します。

生き残りをかけた男たちの逆転の逆転に次ぐ熱いドラマ

  • ゆっけ
  • 40代・男性
  • ★★★★☆(7/10)

中堅精密機器メーカーの青島製作所とその製作所の野球部を舞台にしたドラマで、それぞれが生き残りをかけた戦いを繰り広げる男たちのビジネスドラマで、サラリーマンやOLをはじめとした何かを一生懸命取り組もうとしている人たちにとって勇気づけられるドラマではないかと思います。

このドラマのタイトルからくるドラマのコンセプトとして、かつて野球を愛したルーズヴェルト大統領が野球で一番面白いゲームスコアが8対7だ!という言葉をもとに逆転に次ぐ逆転の激しい攻防戦を描かれたドラマが展開されています。

2つのドラマの内容の展開があり、まずは青島製作所の存亡をかけて、社長と社員たちが生き残っていくためにもがき奮闘していき、ライバルたちに邪魔をされながらもあきらめずに奮闘していく姿は心が打たれていきます。

また、その青島製作所の中にある野球部がこれも存続とプライドをかけて戦っていく姿は見どころを充分なドラマの内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です