良いとこ悪いとこ

安い!コスパ高!(月額562円)

ポイント還元率が良い

テレ朝系ドラマの見逃し配信

新作品のレンタルが豊富

見放題の割合ががやや少ない

同時に利用できないは(1台のみ)

月額 562円
無料お試し 30日間
配信タイプ 見放題+レンタル
画質 HD/SD
ダウンロード機能 あり
同時視聴数 1台
視聴デバイス PC/スマホ/STB
支払い クレカ/キャリア決済
連携ログイン auID/Wow!ID
運営(本拠地) au(日)

配信ジャンルの比率

※ジャンル比率は使用時の体感をベースに作成しているので公式的なものではありません。

auビデオパス【公式】
30日間お試し入会ページ

料金や基本サービスのスペックの評価

もともとauユーザーしか使えなかった動画配信サービスで、2018年8月から「Wow!ID」というauが運営するだけでも作れるアカウントと連携したので、誰でも入会できるようなりました。

  • 月額562円
  • 動画見放題+レンタル
  • 30日間お試し無料

完全にライバルのdTV(月額500円)を意識した料金設定とサービスって感じです。

dTVの方が早く誰でも入会できるようになったので知名度はdTVの方が上ですね。

色々なジャンルを扱う動画配信サービスとして月額500円台はトップクラスの安さ。

見放題とレンタルの配信作品数

auビデオパスは見放題とレンタル配信どちらも行っています。

  • 見放題で約1000作品
  • レンタルで約4000作品

※サムライVODの調査。作品はタイトル数。

レンタル作品は充実していますが、見放題の作品数は他と比べると少し見劣りします。

ビデオコインと呼ばれるポイントを利用して新作映画などをレンタルできます。(auIDの人はau決済でもレンタル可能。)

月額562円にもかかわらず、毎月540コイン(540円相当)がもられるので、ソフトバンク的な言い回しをすると実質22円ってことになります。

サービス 月額 ポイント還元
auビデオパス 562円 562pt
FODプレミアム 888円 1,300pt
U-NEXT 1,990円 1,200pt
パラビ 925円 300pt

月額に対する割合としては還元率は高めです。

FODプレミアムのポイント還元は頭おかしいレベルなので、比べるのは可愛そうですが…

30日間の無料お試し期間アリ!

初めての人は30日間のお試し期間があって、この期間内に解約すればお金を一切かけずに動画を楽しむことは可能です。

お試し内容どの動画配信サービスとも変わらないスペックと内容です。

ちなみに、お試し入会で540コインもらえるので、お試し期間中でも1作品はレンタルして視聴できます。

これはけっこー太っ腹です。

動画配信のジャンルやの特徴

配信されている作品はそこまで偏りもなくオールジャンル。

U-NEXTやHulu、dTVなどの総合タイプですね。

サービス内のカテゴリは

  • 洋画
  • 邦画
  • TVドラマ
  • アニメ・キッズ
  • 音楽・お笑い
  • その他

ドラマとアニメの見逃し配信にも対応していて、テレ朝系ドラマの見逃し配信を見放題できるのが特徴。

個人的にはアニメやキッズ系は作品的にかなり力を入れている感じが伝わってきます。

テレ朝の見逃し配信が見放題

ドラマの見逃し配信って、各サービスごとに配信先ってほぼ決まっていて、

  • フジテレビドラマ:FODプレミアム
  • 日テレドラマ:Hulu
  • TBSドラマ:パラビ
  • NHKドラマ:U-NEXT
  • テレ朝ドラマ:???

といった感じになっています。

テレ朝系だけふわふわしてたんですが、放送中ドラマの見逃し配信をauビデオパスが対応してくれているのは大きいですね。

かといって過去のテレ朝ドラマが充実しているわけではないので、FODプレミアムパラビのようなTV局のサービスとはちょっと違いますね。

画質やダウロードなどの機能面の評価

最高画質はHD(720p)

ビデオパスの画質は2択

  • HD画質:720p
  • SD画質:480p

パソコンやSTB(クロームキャストなど)でテレビで視聴する場合は自動で画質が選択される仕様になっています。

アプリ利用の場合は

  • 高画質
  • 標準
  • 低画質

の3択から選択できるようになっていて、パケット通信で視聴する人向けに低画質も用意してくれています。

最高画質がHDというのはVODの中では一般的なレベルですが、ビデオパスではHD対応していない作品がチラホラあるのが残念なところ。

ダウンロードは5作品までと厳しい

ダウロード視聴に対応していますが、最大で5作品までしか保存できません。

ダウロードに対応しているサービスで作品数で上限が決められているのは、知る限りビデオパスだけ。

個人的にはダウロード非対応とほぼ同じだと思っています。