ワイルド・スピード(全9作品)|無料視聴できる動画配信サービス10社[字幕/吹替]

スポンサーリンク

もくじ

ワイルド・スピード|動画配信状況

映画の中でも「洋画」の配信に強い動画配信サービス10社に絞ってリサーチしています。

2020年3月10日調べ

○印は見放題配信。金額表示はレンタル料金です。動画の配信状況はサムライVODが調査した時点での情報なので、詳細は各公式サイトで確認しましょう。SP=スペシャル版/SF=スピンオフ作品

VOD U-NEXT Hulu dTV TSUTAYA TV テラサ Amazonプライム・ビデオ ネットフリックス FODプレミアム ビデオマーケット パラビ
ワイルドスピード
(映画1作目)
 ◯ 300円
X2
(映画2作目)
 ◯ 300円
X3
(映画3作目)
 ◯ 300円
MAX
(映画4作目)
 ◯ 300円
MEGA
(映画5作目)
 ◯ 300円
EURO
(映画6作目)
 ◯ 400円
SKY
(映画7作目)
300円  ◯ 400円
ICE
(映画8作目)
300円 400円 350円 200円 400円
スーパーコンボ
(スピンオフ1作目)
400円 500円 500円 500円 400円 400円
月額
お試し期間
1,990円
(31日間)
933円
(14日間)
500円
(31日間)
933円
(30日間)
562円
(30日間)
400円
(30日間)
800円
(なし)
888円
(2週間)
500円
(1ヶ月間)
1,017円
(2週間)
毎月貰える
ポイント
1,200円分 なし なし 1,080円分 562円分 なし なし 1,300円分 500円 500円分
詳細

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

視聴者おすすめの類似作品

TSUTAYA TVならワイルドスピード(全9作品)を無料で見放題できる!オススメの動画配信サービス

  1. TSUTAYA TVは30日間無料お試しキャンペーン中
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. 動画配信サービス&DVD宅配レンタルサービスの両方が30日間無料で使える。
  4. 1,100円分の動画レンタルポイントが貰えて、新作を2作も無料で視聴可能!
ポイント! TSUTAYA TVは
  • 動画配信サービス(見放題&レンタル)
  • DVD宅配レンタル(借り放題)
  • という2つのプランを合わせて30日間無料で使えるんだ! 動画配信がない作品もDVDで宅配レンタルすれば無料で見放題できるってこと。
    入会手順もめっちゃ簡単。

    入会の解説手順を表示

    TSUTAYA TV【30日間無料】
    宅配レンタル&動画見放題お試し

    お試し入会時に宅配レンタルとのセットプランでの登録を忘れずに。

    スーパーコンボを無料視聴するなら高画質配信のU-NEXTがおすすめオススメの動画配信サービス

    1. U-NEXTは31日間のお試し期間を使えば無料で視聴できる上、期間内に解約すれば一切お金はかからない。
    2. お試し入会時に600円分のポイントが貰えて、新作映画やレンタル作品を無料視聴できる。
    3. 高画質配信・4K配信に力を入れていて、大画面テレビやホームシアターでの視聴もかなりキレイ。
    4. 貰えるポイントでもNHK作品(大河/朝ドラなど)が見放題できる
    5. 100誌以上ある有名雑誌が読み放題できる。
    今なら2020年3月27日調べ
    • 今日から俺は!
    • この男は人生最大の過ちです
    • ハコンの品格
    • ガリレオ
    • 3年A組
    • 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
    • SPEC
    • アタシんちの男子
    • 家政婦のミタ
    • TRICK
    などの作品も見放題で配信中。 入会手順もめっちゃ簡単。

    入会の解説手順を表示

    U-NEXT【公式】
    31日間お試しページ

    ワイルド・スピード|作品情報(スタッフ・キャスト)

    タイトル シリーズ 公開年
    ワイルド・スピード 映画1作目 2001年
    ワイルド・スピードX2 映画2作目 2003年
    ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 映画3作目 2006年
    ワイルド・スピード MAX 映画4作目 2009年
    ワイルド・スピード MEGA MAX 映画5作目 2011年
    ワイルド・スピード EURO MISSION 映画6作目 2013年
    ワイルド・スピード SKY MISSION 映画7作目 2015年
    ワイルド・スピード ICE BREAK 映画8作目 2017年
    ワイルド・スピード/スーパーコンボ スピンオフ映画1作目 2019年

    ワイルド・スピード(映画1作目)

    原作 映画
    監督 ロブ・コーエン
    脚本 ゲイリー・スコット・トンプソン/エリック・バーグクィスト/デヴィッド・エアー
    制作 オリジナル・フィルム
    公開年 2001年10月20日
    興行収入(日本) 約4.5億円
    • ポール・ウォーカー
    • ヴィン・ディーゼル
    • ミシェル・ロドリゲス
    • ジョーダナ・ブリュースター

    ワイルド・スピードX2(映画2作目)

    監督 ジョン・シングルトン
    脚本 マイケル・ブラント/デレク・ハース
    制作 オリジナル・フィルム/Mikona Productions
    公開年 2003年8月23日
    興行収入(日本) 約7億円
    • ポール・ウォーカー
    • タイリース・ギブソン

    ワイルド・スピード(映画3作目)

    監督 ジャスティン・リン
    脚本 クリス・モーガン/カリオ・セイラム/アルフレッド・ボテーロ
    制作 レラティビティ・メディア/オリジナル・フィルム
    公開年 2006年9月16日
    興行収入(日本) 約10億円
    • ルーカス・ブラック
    • サン・カン
    • バウ・ワウ
    • ナタリー・ケリー
    • ブライアン・ティー
    • 北川景子
    • 妻夫木聡
    • ヴィン・ディーゼル
    • 千葉真一

    ワイルド・スピード MAX(映画4作目)

    監督 ジャスティン・リン
    脚本 クリス・モーガン
    公開年 2009年10月9日
    興行収入(日本) 約9.5億円
    • ポール・ウォーカー
    • ヴィン・ディーゼル
    • ミシェル・ロドリゲス
    • ジョーダナ・ブリュースター
    • ジョン・オーティス
    • ラズ・アロンソ
    • ガル・ガドット

    ワイルド・スピード MEGA MAX(映画5作目)

    監督 ジャスティン・リン
    脚本 クリス・モーガン
    制作 オリジナル・フィルム
    公開年 2011年10月1日
    興行収入(日本) 約14.4億円
    • ヴィン・ディーゼル
    • ポール・ウォーカー
    • ジョーダナ・ブリュースター
    • ドウェイン・ジョンソン
    • タイリース・ギブソン
    • クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
    • サン・カン
    • ガル・ガドット
    • マット・シュルツ
    • テゴ・カルデロン
    • ドン・オマール
    • エルサ・パタキー
    • ホアキン・デ・アルメイダ

    ワイルド・スピード EURO MISSION(映画6作目)

    監督 ジャスティン・リン
    脚本 クリス・モーガン
    制作 オリジナル・フィルム/ワン・レース・フィルムズ
    公開年 2013年7月6日
    興行収入(日本) 約20.2億円
    • ヴィン・ディーゼル
    • ポール・ウォーカー
    • ジョーダナ・ブリュースター
    • ミシェル・ロドリゲス
    • ドウェイン・ジョンソン
    • タイリース・ギブソン
    • クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
    • サン・カン
    • ガル・ガドット
    • エルサ・パタキー

    ワイルド・スピード SKY MISSION(映画7作目)

    監督 ジェームズ・ワン
    脚本 クリス・モーガン
    制作 オリジナル・フィルム/ワン・レース・フィルムズ
    公開年 2015年4月17日
    興行収入(日本) 約35.4億円
    • ヴィン・ディーゼル
    • ポール・ウォーカー
    • ジョーダナ・ブリュースター
    • ミシェル・ロドリゲス
    • ドウェイン・ジョンソン
    • タイリース・ギブソン
    • クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
    • ジェイソン・ステイサム
    • カート・ラッセル
    • ジャイモン・フンスー
    • トニー・ジャー
    • ナタリー・エマニュエル
    • ロンダ・ラウジー

    ワイルド・スピード ICE BREAK(映画8作目)

    監督 F・ゲイリー・グレイ
    脚本 クリス・モーガン
    制作 オリジナル・フィルム/ワン・レース・フィルムズ
    公開年 2017年4月28日
    興行収入(日本) 約40.5億円
    • ヴィン・ディーゼル
    • ドウェイン・ジョンソン
    • ジェイソン・ステイサム
    • ミシェル・ロドリゲス
    • タイリース・ギブソン
    • クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
    • スコット・イーストウッド
    • ナタリー・エマニュエル
    • エルサ・パタキー
    • カート・ラッセル
    • シャーリーズ・セロン

    ワイルド・スピード/スーパーコンボ(スピンオフ映画)

    監督 デヴィッド・リーチ
    脚本 クリス・モーガン
    制作 オリジナル・フィルム
    公開年 2019年8月2日
    • ドウェイン・ジョンソン
    • ジェイソン・ステイサム
    • イドリス・エルバ
    • ヴァネッサ・カービー
    • ヘレン・ミレン

    ワイルド・スピード|視聴者の感想と評価・評判

    大迫力のスピード感ある車好きにはたまらない作品

    • まゆちゃん(40代・女)
    •  

    レーサーやFIのスピード感を見たくなったらこれを見ます。カーチェイスが凄くてテンポ感がよく、スッキリスカッとしたいときはこんなアクション系の物を選ぶようにしてストレス発散できます。ドライバーの見事なセンスでストリートのレースに参加しているドミニクの逞しさがすごく好きです。このシリーズはどれも車のスピード感が魅力です。男性も大好きな作品だと思いますが、女性も見て運転が好きな人は楽しめます。2001年から2017年まで長くある作品です。色んな悩みがこの作品を見ているとどうでもよくなる爽快感があります。クラッシュも音もすごくて怖い時がありますがそこも迫力があって特に面白い魅力的な所です。旦那さんと声を上げて観ています。

    友情・家族愛は勿論、毎回度肝をぬかれる映像が堪能できる脳筋娯楽アクションシリーズ

    • Shinya0544(30代・男)
    •  
    • エクスペンダブルス
    • TAXi

    2001年から第1作が公開され、その後8月に(スピンオフながら)最新作「スーパーコンボ」を控え、現在まで計9作品が制作されている大ヒットカーアクションムービーです。
    初期は警官とアウトローの本来なら相いれない者同士の友情と葛藤を中心に多彩な車種を駆使したド迫力のカーアクションが見る者の度肝を抜きましたが、5作目「MEGAMAX」からアウトロー達が世界規模の悪人と戦うという娯楽性が更に増し、ドゥエイン・ジョンソンやジェイソン・ステイサムと言った人気アクションスター達も続々参戦し、段々「スピード」というよりも「ワイルド」要素のほうが強まっている感じですが(笑)、作品を追うごとに戦車や潜水艦に車で立ち向かったりする無茶ぶり(笑)といい、理屈よりも絵面で観客の度肝を毎回ぬかせようとかかるエンタメ精神にあ溢れているシリーズです。

    カーアクションだが、人間ドラマ

    • しのぶくん(30代/男)
    •  

    ワイルドスピードマックスは、カーアクションの洋画として親しまれています。時には街中でレースをしあったり、女を得るための戦いもあったりと面白い洋画の一つです。

    外国ならではの街並みや風景も楽しめる要因で、海外旅行に来た気分とさせてくれます。エンディングの落ち着いた雰囲気はもちろん、続きを思わせるような展開もワクワクさせてくれます。

    主人公の男性はガタイが良く、女性受けする体型です。女性もモデル風の印象で、年齢性別を問わず憧れを抱きやすいです。車もトヨタなどの日本車だけでなく外国の車も多数出てきます。車好きな方はもちろん、子どもが見ても夢を与えそうな印象です。車のことを親子で語り合うことも、良いかもしれません。

    車好きが観たくなる映画

    • はるいく
    •  

    この映画はシリーズを通して、車と仲間と女性が絶妙に絡むストーリーとなっています。街中でのカーレースをメインにしていた映画が、仲間とのチームを組んで進んで行くないよの映画へと変遷していっているのも面白いです。それとやっぱり注目は車です。パワーばかりの車も登場しますが、性能がいい車として日本車が登場してくるのも嬉しいところです。この映画で日本車の良さがよくわかります。シリーズの中には舞台を日本としている物もあり、日本とつながりのある映画でもあります。映画には付き物ですが、登場する女性が美女ばかりです。その美女が映画の内容にもアクセントを与えたりするので、車も仲間も女性も注目な映画となっていると思います。

    迫力のカーアクション映画

    • あっくん (30代・男)
    •  

    ワイルドスピードは1.2が好きでよく見ていました。車好きには堪らない映画と言えますね。めちゃめちゃカスタムされ、ニトロを積んだモンスターのようなイカした日本車が数多く登場しています。日産スカイライン、トヨタスープラ、三菱ランサーエボリューションなどが迫力のある走りを見せてくれます。ただカーレース、カーチェイスをする映画ではなく、実はストーリーも深いものとなっています。主人公は警察官で悪を退治すべく悪の組織に乗り込みますが、何故か車でのバトルをするという展開が面白いです。悪と打ち解けて友情を分かち合うのもいいですね。もちろん裏切りや波乱もあり、目が離せない展開が続きますよ。ぜひ一度見てほしいです。

    ワイルド・スピード/スーパーコンボ|視聴者の感想と評価・評判

    車好きには物足りなさを感じますが、アクション映画として楽しめます

    • 井上(30代・男)
    •  

    ワイルドスピードの外伝的なストーリーでしたが改造人間や新キャラクターなどが登場する新しい試みがよかったです。さらにアクションは格闘から銃撃戦まであったので、アクション映画が好きなら楽しめる作品です。
    ただ、カーアクションを売りにしていた映画はどこに行ったのかという点が気になりました。これまでに全シリーズを見てきましたが、序盤の4作品まではストリートカーレースなどが多く描かれ、日産のGTRなど様々なスポーツカーなども登場していました。しかし、シリーズが増えるごとにカーレースは描かれずにアクションの一部とでしか登場しなくなったのが残念に思いました。ポールウォーカーが出演していた時の作品が好きな人や車好きには物足りなさを感じるかもしれません。

    シリーズ最高のアクションと重量感を楽しめる作品

    • ぢゃぢゃ(50代・女)
    •  

    「ワイルドスピード」シリーズの最新作です。ヴィン・ディーゼル演じるドミニクたちのファミリー中心のストーリーではなく、シリーズの中で犬猿の仲とされてきたドウェイン・ジョンソン演じるホブスと、ジェイソン・ステーサム演じるショウにスポットを当てて物語は進みます。お互いに暴言を吐きながらも、協力して人造人間ブリクストンに立ち向かう二人。ショウの妹ハッティの救出と、世界を滅亡させることも出来る新型ウィルスの奪還に挑みます。これまでのシリーズと同じく、激しいカーチェイスは全篇で楽しめます。それに加えて、ホブスの故郷サモアでの身体を張った肉弾戦もあり、スピンオフとは言えとてもクオリティの高い出来だと思いました。このシリーズの最大のテーマは「家族愛と友情」ですが、いがみ合ってばかりいた二人がどう手を携えて敵を打ち負かすのか、それが見どころです。

    ワイスピとしては異色!?ロック様とステイサムの無敵すぎるアクションエンターテインメント

    • Shinya0544(30代・男)
    •  
    • エクスペンダブルス

    ワイスピシリーズの人気キャラクター・ルーク・ホブスとデッカード・ショウの2人を主人公に迎えたシリーズ初のスピンオフ作品です。
    邦題こそ「ワイルドスピード」と題していますが、ドゥエイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムのW主演ゆえワイスピの目玉のカーアクションは全体的に控えめで(この辺りは好き嫌い分かれそう・・・)全編肉弾戦が満載で、敵もいきなりサイボーグとSF化していたりと、ワイスピというよりもアメコミ映画みたいなノリになっています(笑)。
    とはいえ、ワイスピシリーズで度々描かれた家族愛は本作でもしっかり継承されていたり、ホブスとショウの前作アイスブレイク以上に凸凹コンビぶりを発揮する場面はついつい笑いを交えてしまいます(笑)。

    迫力あり、笑いあり映画。

    • すず
    •  

    ワイルドスピードのシリーズを見ていなくても見れる作品です。一番最初に思うことは圧倒されることです。迫力満点のアクションシーンやそれに対応する俳優たちの演技力には圧倒されます。ステイサムもジョンソンも正に男が憧れる男で本当に素敵です。この二人が組むことによって映画がより面白くなっています。最初は仲が悪くてどうなるのかとはらはらしましたが、中盤から終盤にかけて絆が少しずつ深まってきたり協力しているシーンを見るとどんどんのめりこんでいきます。スピード感のある展開もかなり多くクスッと笑ってしまうようなユニークな場面も多いので力を抜いて楽しむこともできます。ラブシーンなどが特に面白いと思いました。個人的にはジェイソンステイサムが一番かっこよかったです。

    手に汗握る作品

    • けん
    •  
    • インディ・ジョーンズ

    ワイルド・スピード/スーパーコンボを見て
    いつものワイルド・スピードとは違い、ホブスとショウのストーリー
    今までの他作品に比べると車でのアクションが少なかった。 マクラーレン720sのアクションにはとても興奮しました。
    スーパーカーの登場はほとんど無かったのが残念でした。
    アクションはともて度派手で、手に汗握る場面がとても沢山ありました。
    常にハラハラ・ドキドキしながら見ていました。
    作品内容は、とても満足しています。
    ホブス・ショウ 仲がとても悪いのはみんなも知っている通り
    でも喧嘩するほど仲がいい と言う言葉がひったり当てはまります(笑)
    一度みて損はしないと思います。
    僕の周りでも見た人は良いっと言っていたのでお勧めします!!!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です