NHK放送ドラマ『デジタル・タトゥー』(全5話)の動画配信状況を、国内ドラマに強い動画配信サービス10社に絞ってまとめています。

先に結論を言うと、U-NEXTならお試し期間中に見放題できます。

デジタル・タトゥー
U-NEXTで今すぐ無料視聴する

2019年6月14日調べ

動画の配信状況はサムライVODが調査した時点での情報なので、詳細は各公式サイトで確認しましょう。

デジタル・タトゥー|動画配信情報まとめ

入会済みの動画配信サービス(27社)の中から、ドラマに強い動画配信サービス10社に絞ってリサーチしています。

VOD U-NEXT FODプレミアム Hulu パラビ auビデオパス Amazonプライム・ビデオ dTV ネットフリックス TSUTAYA TV ビデオマーケット
ドラマ
(全10話)
324円
月額
お試し期間
1,990円
(31日間)
888円
(1ヶ月間)
933円
(14日間)
925円
(30日間)
562円
(30日間)
400円
(30日間)
500円
(31日間)
800円
(1ヶ月間)
933円
(30日間)
500円
(入会月)
毎月貰える
ポイント
1,200円分 1,300円分 なし 325円分 562円分 なし なし なし 1,080円分 500円分
詳細

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

2019年6月17日調べ

○印は見放題配信。金額表示はレンタル料金です。

動画の配信状況はサムライVODが調査した時点での情報なので、詳細は各公式サイトで確認しましょう。

SP=スペシャル版/SF=スピンオフ作品

U-NEXTなら30日間のお試し体験中にデジタル・タトゥーを見放題できる!オススメの動画配信サービス

  1. U-NEXTは31日間のお試し期間を使えば無料で視聴できる上、期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  2. NHK特設のお試し入会ページからなら1000pt貰えて、NHKオンデマンドの見放題プランに利用OK。
  3. U-NEXT経由でNHKドラマ・番組をお試し期間中に見放題できる。
  4. 4K画質のNHK作品を大画面テレビやホームシアターでの視聴できる
  5. 大人(○ダルト)作品も見放題。
  6. 100誌以上ある有名雑誌が読み放題できる。

今なら2019年6月11日調べ

  • まんぷく
  • あさが来た
  • 主婦カツ!
  • 西郷どん
  • 篤姫
  • あまちゃん
  • 真田丸
  • 半分青い
  • ねほりんぱほりん
  • アシガール
  • 透明なゆりかご
  • カーネーション
  • マッサン
  • わろてんか
  • 花子とアン
  • 翔ぶが如く
  • 八日目の蝉
  • マチ工場のオンナ
  • ひよっこ
  • おんな城主直虎

などのNHK作品が見放題で配信中。

入会手順もめっちゃ簡単。

入会の解説手順を表示

U-NEXT【公式サイト】
NHK特別入会ページ

デジタル・タトゥー|作品情報(スタッフ・キャスト)

現在の日本はネット社会で、何かあれば批判され炎上する…そんな誹謗中傷の悪意を重くとらえたドラマです。

書き込む方は軽い気持ちかもしれないけど、ネットに書き込まれた側の傷は深く…。それを簡単には消えない傷として「デジタルタトゥー」というタイトルになりました。

岩井堅太郎はもともと検事でしたが、担当した事件で自殺者が表れたことから、弁護士に転職します。

そんな岩井の元に、かつて人気ユーチューバーで大金を手に入れていた売れっ子タイガが訪れます。

タイガはある時の動画が炎上して、身に危険を感じて岩井を訪ねてきたのです。

確かに、ネットは便利なツールですが、人の心を傷つける凶器になりうる。そんな誰もが気になっている、現代社会の闇を取り上げているのは興味があります。
人気ユーチューバーがキャラクターとして出てくるドラマは、見たことがなく斬新な切り口で楽しみですね。

デジタル・タトゥー(ドラマ)

原作 ドラマ
演出 梶原登城/橋爪紳一郎
脚本 浅野妙子
制作 NHK
公開年 2019年5月15日
話数 全5話
  • 高橋克実
  • 瀬戸康史
  • 唐田えりか
  • 伊武雅刀

デジタル・タトゥーのキャスト紹介

高橋克実

今や、お昼のニュース番組の顔でお馴染み高橋克実さん。ユニークなキャラクターでバラエティーでも人気ですが、ドラマ出演は数えきれず、映画や舞台でも演技を磨いている素敵な役者さんです。

ちびまる子ちゃん実写版で、父ヒロシを演じているのが、味が出ではまり役最でした。ビール片手に酔っぱらいながらおならするシーンは、ヒロシそのものでした。

また、高橋克実さんのユーモアが爆発したのは、スーパーサラリーマン左江内氏です。調子のいい課長役でいつもヘラヘラ、ちょっとスケベ。賀来賢人さんとのコンビは、お腹がよじれるくらい面白くて面白くて。その課長役でわ今日から俺は!にもゲスト出演しました。ツルツル頭で、一瞬しか出ていないのにまたまた笑わせてくれました。

高橋克実さんに代わる俳優さんはいないくらい、魅力的な役者さんです。

瀬戸康史

端正な顔立ちで、最近ではCMで「ご飯がある人手を上げて」と歌っているのが印象的です。

目の下にある泣きぼくろと、大きな瞳が特徴的です。
仮面ライダーをはじめ、数々のドラマや映画や舞台で活躍されています。
その中でも、瀬戸康史さんの代表作になる「海月姫」。

女装が好きな蔵之介を演じたんですが、スレンダーで背が高くすごく可愛かったですね。

女装が好きなだけで、普段は男という難しい役どころでしたが、瀬戸康史さんだからどちらも素敵に演じていました。可愛いところは可愛く、キスシーンなど男気あるシーンは男らしく、とっても素敵でした。

また、イケメンの登竜門「ミュージカルテニスの王子様」にも出演していて、女性ファンを虜にし続ける注目の役者さんです。”

唐田えりか

とってもあどけない顔立ちの唐田えりかさん。

デビューのきっかけは、マザー牧場でアルバイト中にスカウトされたことでした。

有村架純さんのマネージャーさんが「透明感がすごい」とツイートしたことが、ネットで話題になりました。

現在は雑誌MOREでモデルもやりながら、ドラマや映画に徐々に出始めている注目の女優さんです。

映画「寝ても覚めても」はオーディションで主役を勝ち取りました。この作品はカンヌ国際映画祭や、トロント国際映画祭など、彼女の大きな出世作となりました。

kPOPが大好きで、韓国のアイドルグループのミュージックビデオにも出演しました。韓国での芸能活動と日本の活動を両立する、とても努力家の女優さんです。

デジタル・タトゥー|視聴者の感想と評価

ドラマ『デジタル・タトゥー』を視聴した人がおすすめする類似作品が

などの作品。この中に好きな作品がある人は『デジタル・タトゥー』もハマる可能性大ですよ。

まさにいまの時代をうつしとっているドラマ

  • りんご(40代/女)

今の時代だからこそおこりうるドラマです。
最近出現してきたユーチューバーやデジタルの世界、SNSがもつ便利さと裏合わせの恐怖などが描かれています。
あまりコンピュータに詳しくない人でも同じ感覚の弁護士が主演しているので、親近感がわきます。
誰もがもっている心の闇や人をねたむ気持ち、うらやむ気持ち、自分が優位にたちたい気持ちなどが些細なことで膨れ上がり、暴走する様子がリアルです。
世の中にはいい人と悪い人がいるのではなく、誰もがいい人であり、悪い人であるということを教えてくれます。
ネット社会と上手につきあうためにはどうすればいいのか、誰もが考えるべきだと思いました。
また、他人の視点にたって物事をとらえることの大切さを思いました。

デジタル社会を操るのは、昔から変わらない弱い生身の人と分かりやすくした作品

  • タイガ岩井(30代・男)

世の中のおかしい所を指摘してユーチューバーを始めたのタイガに、正義を重んじて不正を無くそうとする志を持っていた検事の過去がある弁護士の岩井と、全く違う環境に見える社会で生きている設定から、繋がりが出てくる所が現代的で面白く、各々の行動でできた印象が顔にタトゥーとして印字される映像表現は斬新でした。
タイガは不正が溢れると様々な所に首を突っ込み大批判し、逆に誹謗中傷を受けて大炎上から命を狙われ、岩井は検事として真実を求めて追い詰めた人物が全くの的外れや、最悪の場合は自ら命を絶ったりと、正義と思い込んだ行動が相手の全てを踏みにじり傷付けているという、自らの過ちに気付き、顔の表情も鋭さから穏やかさに変化していく様子を、物語の内容と共に徐々に変化させる演出も見事で、出演していた俳優陣もハイレベルと素晴らしく、5回という放送ではもったいなさを感じた最高のドラマでした。

インターネットの怖さ・・・そして、自分が実生活でも気をつけなければいけないことを学べる作品

  • ショコラ(40代・女)

今回放送された作品のみの視聴しました。YouTuberが出てきたり、ネットに出回った情報に対する事件の数々など現代を反映して、興味深い事件が多く、ユニークな作品でした。それと共にネットに個人情報を簡単にアップすることの怖さと、誰でも匿名でネットに色々な情報をあげることができますが、そのことに対するリスクを感じました。一つ一つの事件をベースに全話を通して繋がる事件の話もあるのですが、見る物を飽きさせない工夫があったように思います。ドラマの演出上、炎上したりした人の顔に色々な文字が浮かび上がるのですが、それもネット炎上がどうなるか?ということを見る人にわかりやすく表現していて、面白い演出だったと思います。インターネットがどういうものかというのを勉強する意味でも、娯楽でも、ぜひ見てもらいたい作品だと思います。

デジタルタトゥーの怖さを知れる作品

  • かなた(40代・女性)

タイガは兄が死んだのは全て政治家である父親のせいと思っていたが、兄が生前に書いた父親への手紙から、そうではなくて自分に対する劣等感から自ら死を選んだことを知った時のタイガの辛さは見ていてヒシヒシと伝わりました。
政治家であれば多少の悪には目をつむらなければならないと言う父親、そして政治世界で生きていけるくらい強い自分、その世界では優しすぎた兄、考えれば考える程にしんどかったと思います。
兄はタイガに政治家になること、父親を支えることを期待していましたが、タイガは父親のようになりたくなかったんですよね。
自分の父親である伊藤を告発することは兄の考えを否定することだけれど、自分の歩く道をを決心したタイガはやはりかっこよかったです。

サスペンスタッチの中に、どこか可笑しみのある男の友情が含まれたドラマ

  • sawai
  • 火の粉
  • ようこそ、わが家へ

岩井とタイガが次第にお互いを大切に思うようになる、不思議な友情を面白く見ました。
タイガの父・伊藤と岩井との因縁や、父子の葛藤も描かれ、見ごたえがあります。
加えて、岩井の娘・早紀の抱えるものや、それに付随するトラブルの行方が興味深いものでした。
最後は早紀が、強く自分の人生を切り開こうと踏み出せてよかった。
タイガが、命の危険にさらされる場面にはハラハラしましたが、岩井が居場所に気付くことができたのはさすが。
伊藤が自分の身を呈してタイガをかばうところに、やはりあった父としての愛情を強く感じました。
父と弟とのことを最後まで案じていた兄・壮輔の死は本当に残念です。
優秀さに加え心優しい、とてもすばらしい人だったから、生きていてほしかった。
これからも岩井とタイガの友情が続いていくだろう爽快なラストに、続きが見たくなりました。