ドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』全8話(最新話9月5日放送分)公式配信動画を無料視聴する方法をまとめています。

サイン-法医学者 柚木貴志の事件-|動画配信情報まとめ

VOD U-NEXT FODプレミアム Hulu パラビ auビデオパス Amazonプライム・ビデオ dTV TSUTAYA TV ビデオマーケット
サイン(1話) 324円
(水曜)
見放題
(放送後)
324円
(木曜)
324円
(木曜)
324円
(放送週)
324円
(木曜)
サイン(2話) 324円
(水曜)
見放題
(放送後)
324円
(木曜)
324円
(木曜)
324円
(放送週)
324円
(木曜)
サイン(3話) 324円
(水曜)
見放題
(放送後)
324円
(木曜)
324円
(木曜)
324円
(放送週)
324円
(木曜)
サイン(4話) 324円
(水曜)
見放題
(放送後)
324円
(木曜)
324円
(木曜)
324円
(放送週)
324円
(木曜)
サイン(5話) 324円
(水曜)
見放題
(放送後)
324円
(木曜)
324円
(木曜)
324円
(放送週)
324円
(木曜)
サイン(6話) 324円
(水曜)
見放題
(放送後)
324円
(木曜)
324円
(木曜)
324円
(放送週)
324円
(木曜)
サイン(7話) 324円
(水曜)
見放題
(放送後)
324円
(木曜)
324円
(木曜)
324円
(放送週)
324円
(木曜)
サイン(8話) 324円
(水曜)
見放題
(放送後)
324円
(木曜)
324円
(木曜)
324円
(放送週)
324円
(木曜)
お試し体験 31日間 1ヶ月間 14日 30日間 30日間 30日間 31日間 なし 30日間 入会月
貰えるポイント 600円分 1,300円分 なし なし 562円分 なし なし なし 1,080円分 500円分
詳細

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

2019年9月5日調べ

金額表示はレンタル料金です。

動画の配信状況はサムライVODが調査した時点での情報なので、詳細は各公式サイトで確認しましょう。

「貰えるポイント」はお試し期間中(無料期間内)に貰えるポイントです。

お試し期間内にポイントが貰える動画配信サービスは無料でレンタル視聴できます。ちなみに、どのサービスとも解約縛りがないので、お試し期間内に解約すれば一切お金は発生しません。

『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』を見放題できるのはauビデオパスだけ

  1. 30日間のお試し期間内は無料で視聴できる上、期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  2. お試し入会なのに562円分のポイントが貰え、新作映画を無料視聴可能。
  3. テレ朝系ドラマの見逃し配信に強い
  4. 今はauユーザー以外も入会OK。

今なら2019年6月11日調べ

  • 東京独身男子
  • 緊急取調室
  • 科捜研の女
  • 今日から俺は!!
  • 向かいのバズる家族
  • イケメンブロマンス
  • 相棒
  • 空飛ぶタイヤ
  • キノキオ
  • おっさんずラブ
  • キム課長とソ理事
  • ハベク新婦
  • ああ、ラブホテル
  • 贖罪
  • リーガルV
  • 君の声が聞こえる
  • SPEC
  • アラサーちゃん無修正
  • 同期

などの映画も見放題配信中。

入会手順もめっちゃ簡単。

入会の解説手順を表示

auビデオパス【公式】
30日間お試しページ

サイン(8話)は見逃し配信サービスで無料視聴できる

8話の放送から1週間以内だとTVerテレ朝キャッチアップなどの見逃し配信サービスが1番手っ取り早いです。

配信サービス 配信期間 詳細
9月12日まで 公式サイト
9月12日まで 公式サイト
期限なし※ 公式サイト

※最終回以降も一定期間配信され続けます。詳しい期間は公式サイトで確認しましょう。

TVer、テレ朝キャッチアップは視聴中にガンガンCMが流れるのがウザいですが、無料で視聴できます。

auビデオパスも30日間のお試し期間中は無料で見逃し配信を視聴できます。(期間内に解約すればお金はかかりません。)

auビデオパス
お試し入会ページを確認する

サイン-法医学者 柚木貴志の事件-|作品情報(スタッフ・キャスト)

法医学ドラマは今までに、色んな形で放送されてきました。死体から事件の真相を探る、サインの原作は韓国で最高視聴率25.5%をたたき出した大ヒットドラマで、日本版でどのようにリメイクされるのか注目が集まっています。

法医学から事件を解くと言うだけでなく、大どんでん返しのサスペンスが魅力。

韓国版でも日本版でも豪華俳優陣が出演することが話題となっており、韓国版の俳優陣とも比較する意見が多い。

唯一日本版としてオリジナルキャラクターとして、松雪泰子さんが出演、警視庁の女性管理官を演じています

。主人公の柚木は解剖医として疑問に感じたことは、徹底的に調べ尽くす、指示されずとも、止められたとしても事件の真相を暴くためにはとことんやってしまう男、それに飯豊まりえ演じる新人解剖医や、警視庁の刑事を巻き込み事件の真相を解き明かす。

生きた人の意見ではなく、死んだご遺体からの声を丁寧に拾いとる、冷静で冷淡な解剖医が同事件と関わっていくのか楽しみなドラマです。

サイン-法医学者 柚木貴志の事件-(ドラマ)

原作 韓国ドラマ(小杉健治)
演出 七髙剛/山本大輔
脚本 羽原大介/香坂隆史
制作 テレビ朝日
公開年 2019年7月11日
  • 大森南朋
  • 松雪泰子
  • 飯豊まりえ
  • 高杉真宙
  • 佐津川愛美
  • 淵上泰史
  • 吉田ウーロン太
  • 小久保寿人
  • 森川葵
  • 木下ほうか
  • 利重剛
  • 西田敏行
  • 仲村トオル

『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』のキャスト紹介

大森 南朋

1972年2月19日(47)、主な過去の出演作は代表作「ハゲタカ」を初め、「コウノトリ」、「S-最後の警官」でシリアスな役から心優しい役まで幅広く演じている、演技派。

コウノドリ1,2期(シリーズ全2作)|無料で見放題できる動画配信サービス10社まとめ

主人公と言うよりは主人公を輝かせる、名脇役のイメージが多い大森さんだが、刑事役で多く出演しているイメージが多い。

今回は主役で解剖医役と言うことで、大森さんの冷静で、力強い演技力がどのように解剖医を演じてくれるのか、主人公としてどのように視聴者を魅了させてくれるのか期待したい。

松雪 泰子

1972年11月28日(47)、代表作品は「白鳥麗子でございます」での強烈なキャラクターが印象的ですが、コミカルな演技からシリアスな役まで演じる女優さんです。

過去の出演作は「グッドパートナー」、「半分、青い」など最近では母親役を演じたりとドラマでの要となる役が多い中で、今回管理官役という、女性キャリアを演じるのは、ただ手厳しい女性上司を演じるだけでなく、松雪さんの少し闇を抱えたようなミステリアスな魅力も含んだ女性上司役を期待したい。

飯豊 まりえ

1998年1月5日(21)、セブンティーンのファッションモデルとしてデビューした飯豊。

代表作は「花ののち晴れ」で無邪気なお嬢様で一途な役柄が反響を呼んだ、主な出演作は「チア☆ダン」、「白い巨塔」など若いが、数々の作品に出演している飯豊。

チア☆ダン(映画/ドラマ)|無料で見放題できる動画配信サービス10社まとめ 白い巨塔(唐沢寿明,岡田准一)|無料で見放題できる動画配信サービス10社まとめ

かわいらしい役から、憎まれ役まで演じる彼女が、新人解剖医を演じると言うことで、どのように主人公の柚木と関わっていくのか、ドジな新人なのかそれとも、飯豊さんのよさを生かした明るく、真面目な役柄なのかに期待ができます。

スポンサーリンク



サイン-法医学者 柚木貴志の事件-(1話)|視聴者の感想と評価

詳細表示

  • 60代、サイレント

権力におもねる伊達役の仲村は、はまり役だと思います。副総理の秘書の佐々岡役の木下の陰険な雰囲気も適役です。
印象的だったのは、伊達が懲罰会議を前に柚木に会い、柚木が解剖結果を捏造したと伊達に言うと、全ては大きな正義の為だと伊達が言い返し、更に柚木が伊達が院長の椅子に座りたいだけだと伊達の本心を見抜くような言葉を投げかけても、おくめもなく、真実とは勝者に与えられるものだと、体裁を繕う伊達の言葉の冷ややかな眼差しは、見事に冷徹なキャラが表現されていました。
それでも、懲罰会議で兵藤が再解剖を主張して認められたときは、柚木の勝ちかと思いましたが、解剖の後で、兵藤が柚木が間違えたと手の平を返して、謝り院長を
辞職すると言い出したのは、予想外でした。おそらく、伊達が解剖の前に兵藤に脅しを掛けたのでしょう。伊達の醜さは一級品の凄さがあります。
結局、元彼の柚木の熱意に押されて上司の下山に、たてついた和泉の努力も無駄に終わってしまったのは、残念でした。
挙句の果てに、埼玉中央医大の分室に柚木が左遷されて終わりかと思いましたが、女性が持っている青い縫いくるみと同じ重要な証拠の青い繊維を中園が持ち出して事件は終わっていないと言ったのは、これまた、予想外のワクワクする展開が期待できそうです。

  • 金太郎飴(30代・男)

仲村トオルさんは悪役をやらせても上手だなあ……と思いながら見ていました。本当に見ていて憎たらしくなるから流石ですよね。それに対抗するのが主人公の柚木貴志なわけですが、これをまた大森南朋さんが演じるのが面白いと思いました。変な話ですが、もう見るからに正義然とした人ではなくて、こっちはこっちでビミョ~に信用ならない感じの雰囲気を作り出しているのが、伊達との関係に妙な均衡をもたらしているといいますか。新人の中園が味方に付いてくれてようやく伊達一人と対等な感じがします。その辺りのキャスティングも上手かったなと思いました。ここから柚木と中園のコンビがもっと強い絆で結ばれ、伊達をとっちめるだけの力を持ってくれると期待しています。

  • えり(20代・女)

柚木もかっこよかったけど、景もなかなかいいキャラだなと思いました。
あんな権力がうごめいている現場を目の当たりにしたいながら、真実を明らかにしたいからと柚木の手伝いを拒否されてもするなんて、なかなか根性があると思います。
みんな柚木のことを怖いと言っているのに全く気にしていない景は、柚木とコンビを組むのにぴったりだなと感じました。
また、柚木が解剖医になろうと決意したきっかけが感動的でした。
自分が院長に救ってもらった経験があるからこそ、あんな無茶をしてでも自分も他の人を救ってあげたいという思いが強いんだろうなと感じました。
さらに、火葬されたはずの遺体が出てきたことにはとても驚いたし嬉しかったのに、まさか院長が裏切るなんて衝撃でした。
全てはこの研究院のためだと伊達が言っていたけどそれはどういう意味なのかがとても気になります。

  • ノッポちゃん(50代・女)

アイドル北見がコンサートの控え室で亡くなった。解剖を柚木先生がする事になっていたが、伊達教授がする事になる。警察もグルで間違った解剖の判断をすると思いました。柚木先生は伊達教授に解剖される前にご遺体を盗み解剖をしてしまった。凄いと思いました。伊達教授が乗り込む前に柚木先生は窒息死、他殺と判断したがご遺体を伊達教授は解剖し直した。柚木先生とは全く違う結果を出したことにお金が動いたと思いました。兵藤医院長は懲罰委員会で私がやり直すとやり直したが、解剖前に伊達に何を言われたのだろう、伊達の解剖結果に間違い無いと言った。どうして兵藤医院長は医院長を降りてまで伊達教授の言いなり、やはり柚木先生を守る為になのか知りたいと思いました。
柚木は伊達が医院長になり飛ばされた。まあそうなるよなと思いました。
北見を窒息死させたかもしれない女の部屋に北見の写真がいっぱい貼ってあり、それが離れてみるとまた北見の顔になっていて、ストーカーのようで怖いと思いました。

  • まめこ(40代・女)

第1話は、警察庁からの圧力で解剖結果をねじ曲げられてしまうという内容でしたが、ここまで大がかりな偽装工作をするなんて、とても大きな力が動いたのだと分かりました。犯人が自首してきたことで、全てが解決したことにされてしまい、実行犯と思われた謎の女も、防犯カメラに写っているのに調べられず、納得行かないことばかりでモヤモヤしました。
特にモヤモヤしたのは、伊達が院長に何らかの圧力をかけたシーンです。真面目に生きてきた院長は、才能のある柚木に絶大な信頼があるので、柚木の解剖結果を否定したのには、余程の理由があったと思うのですが、院長は辞任してしまい、モヤモヤしたまま終わってしまいました。ここまでやる理由がとても気になり、最後まで見ようという気持ちにさせられました。
面白かったのは、偶然巻き込まれた新人の解剖医の景が、柚木の信念に惚れ込んでしまい、意地でも柚木の弟子になろうとするシーンです。柚木にしてみれば、可愛い奴だなという感じですが、罵倒されても食い下がる景はドMなのか?と思ってしまうほどで、この二人の関係が恋愛に発展していくのでは?とにらんでいます。

スポンサーリンク



サイン-法医学者 柚木貴志の事件-(2話)|視聴者の感想と評価

詳細表示

  • ゆき12

法医学のドラマって、テーマが暗いので、人物設定が明るかったり、職場や主人公の周りがのんびりしていて暗さを感じさせないことが多いのに、このドラマは、みんながシリアスな演技で、とにかく暗い。
第2話の事件は、犯人がサイコパスというよくある設定だったのですが、演出がシリアス過ぎて、見入ってしまいました。特にラストシーンで、柚木の助手である新人解剖医の中園が、犯人に殺されそうになる場面は、ちょっと怖すぎました。本当に助手が、殺されちゃうのかと思ったくらいです。
主演の大森南朋をはじめ、松雪泰子や仲村トオルなどのベテラン俳優陣の演技力が素晴らしいので、ストーリーが単純で演出が暗いと分かっていても、次回も楽しみです。

  • 金太郎飴(30代・男)

柚木が左遷させられたことを全然気にしていないのが何だかかっこよかったですね。あのふてぶてしさと自信の大きさ、それに法医学者としてのプライドの高さは素直に尊敬します。ただ組織人としてはまあ困った人なんでしょうね。今週も中園とすぐに口喧嘩になっていましたし、埼玉に留まり続けてもやっぱり揉め事ばかりの毎日になっていきそうです。それでも彼の法医学者としての能力の高さは、あのライバルの伊達ですら高く評価しているところ。中園も第1話に続いて柚木の実力と信念を目の当たりにする事になりましたし、彼の暴走にもだんだんと慣れていくでしょうから、時間が経てば良いコンビになっていきそうです。あとは柚木の方も中園をしっかり認めるようになればいいんですけど、それはもうちょっと先になりそうですね。

  • ハラスメント柚木(30代・男)

左遷された埼玉の小さな医科大学の設備が全く整っていない場所で解剖を行う柚木と、設備が完璧に整った日本法医学研究所で華々しく解剖を行う伊達の激しい差の開いた環境は、担当する解剖医に都会と地方の差に感じられて、真実が見つけられないままに終わるものが多くあるように思われるので、近々選挙が行われる事を合わせて考えると、こういった事もよく考慮して投票しないといけないのかなと思いました。
高橋が捜査一課の刑事なのに、チャラチャラした雰囲気を漂わせて管理官の和泉に絡む行動が多いために、和泉の信用度が少なめだったように見えるので、日頃の行動が影響すると感じたのと、和泉は長年の経験から青臭く見える高橋の話を詳しく聞かないなど、年長者と若年者の両者どちらも落ち度があり、理解し合う部分が必要という教訓も含まれていたと感じました。

  • 土屋(40代・女)

女性の首吊り死体を解剖し、胸の上にあるアザをブラックライトで見つけたり、首の跡から首吊りによる死亡でないことを見つけたり、柚木はさすがだなぁと思わせられました!
中園も単なる柚木の下についたのではなく、亡くなった方の真実の死因を探るために、死者を弔うために、自分の地位など惜しまずに絶対に真実を突き止める柚木の信念に惚れ込んだからなのだと分かるシーンがあり、とても感動しました。
今回なぜ中園が解剖医を目指したのかという過去も知れてとても良い回でした!
中園が連続殺人犯のタクシーに乗り込んでいるときはかなりヒヤヒヤしました。
タクシーに乗りながらの中園と柚木の電話のやり取りの最中に少しずつ、犯人の顔が変化していくところとても良かったです!

  • みほ(20代・女)

まさかはじめに任意聴取していたタクシーの運転手が連続殺人犯だったなんて衝撃的でした。
自分の本当のターゲットを殺すための練習として他の女性の命を奪っていたなんて信じられません。
また、景が犯人に捕まってから戦うシーンはとても臨場感たっぷりでドキドキさせられました。
犯人がずっとニヤニヤしている様子が猟奇的だったし、景の恐怖に怯える顔がリアルで、瞬きもできないくらい画面に見入ってしまいました。
景のことを粗大ゴミとか言って罵っていた柚木が、自分の命を危険にさらしてでも助けに来てくれたことが感動でした。
景が妹のことで法医になったという話を聞いて、心動かされたんだろうなと嬉しく思いました。
これがキッカケでちょっとは2人が仲良くなったらいいのになと期待しています。

スポンサーリンク



サイン-法医学者 柚木貴志の事件-(4話)|視聴者の感想と評価

詳細表示

  • 金太郎飴(30代・男)

初回の青い繊維といい、今回のUSBといい、中園は重要な証拠をちょろまかしてくるのが得意ですね。咄嗟の機転が利く子だなあ……と感心していたら、今度は何と遺体の検死まで決行してしまいますし。そのどれもが違法行為みたいなので素直に褒められたものではないのですが、この頭の回転の速さと度胸の強さ、そして真っ直ぐな正義感はなかなか得難い才能だと思います。どうかこの若い目を潰さずに守ってやってほしいですね、柚木達には。いつの間にか正義を失っていた周りの大人達と同じ道を歩ませないよう、正しい道へと上手く導いてあげてほしいです。逆に中園や高橋といった若手達が大人を元居た正しい場所へと引きずり戻していくのかもしれませんが。

  • めがねーぬ(50代・女)

言葉は悪いですが、「死にたてほやほや」のご遺体とともに籠城して、隠蔽される前に証拠の弾丸を取り出すなんて、中園景ちゃんはほんとに男前でカッコイイ。

「しかるべき場所以外で許可無く解剖すると死体損壊罪になるけど、メスを使わなければ解剖にならない」という解説には「へええ、そうなん?」という感じでしたが、電話の指示だけでペアンとピンセットで弾丸をGETするお手並みはホレボレするほどお見事でした!

それにしてもトカレフじゃなくてニューナンブだから警察という推理もざっくりしてますが、よりによってシリアルナンバーつきの腕時計のナンバー部分が血でビリヤードボールに印字されちゃってるのが決定的証拠ってのもざっくりしてますね。

サバサバ系の景ちゃんが実力行使している間、やたらアンニュイな衣裳で目を細めているだけで事件が解決していく和泉管理官にとっても、手応えがあるのかないのかよくわからない事件だったのではないでしょうか。

ところで、今回のラスト近く、CM前の画面のテロップで、「正義のカルテット始動!」とあったのは、何だったのか気になっています。

柚木先生、景ちゃん、和泉管理官、髙橋警部補の4人、というのが妥当な線なのでしょうが、カルテットというにはまだまだ信頼関係が構築されていないような気もして、少なくとも「始動!」まで至っていないと思われます。

いつ本当の「始動!」が見られるのか、楽しみです。

  • なおこ(20代・女)

今回は景の行動がとてもかっこいいなと感じました。
柚木を待っている時間なんてないし、自分しか真実をあかせる人はいないと思ったんだと思います。
下手をしたら死体損壊罪になるかもしれないのに、すごい覚悟でヒーローのようでした。
真実を教えてくださいと、優しく遺体に触れた時の覚悟の決まった景の表情がとても良かったです。
また、和泉が権力に屈さず犯人を逮捕することを選んでくれたことも、本当にかっこよかったしシビれました。
さらに、和泉が黒川の取り調べをしていて証拠を出せと言われてピンチになった時に、柚木が颯爽と現れたのもかっこよかったです。
黒川だけじゃなく、本郷まで裏カジノに出入りしていたことは衝撃だったけど、真実が明らかにできて本当に良かったです。

  • ハラスメント柚木(30代・男)

志が高かった人間でも様々な出来事に遭遇し、出会う人々の考え方や行動に影響されてしまい、最初に目指していた方向とは違う場所にたどり着いているのを、本人は全く気付いていない人間が形成されてしまい、そういう人間が集まれば組織自体にも反映されてしまい、ダメな組織体となってしまうのをまざまざと見せつけられる教訓を込めた内容と感じました。
主人公の解剖医の柚木から指導を受けている新人解剖医の中園が、ハラスメントを受ける姿と、捜査一課の管理官の立場にいる女性の和泉も、あからさまなハラスメントを受けつつも逞しく前を向いて進む姿に感動させられた反面、根強い男性中心社会と考える変わらない体質の問題点も含めて、視聴者に問いかける構成は見事で、柚木にも主人公なのに足らない部分が多いと表現している所も上手いなと感じました。

  • knight02(40代・男)

今回は、柚木のバディ・中園景が、後に殺害された暴力団員・伊沢の司法解剖に挑むシーンが面白く、彼女の自分の立場を顧みず、真実を見つけ出そうとするシーンが凛々しかったです。
また、柚木が和泉とともに事件現場で証拠探しを進めると同時に、中園の司法解剖を電話でサポートし、遺体から銃弾を見つけるなど、一見仲が悪そうな二人だがチームワークが強くなってきているのも素晴らしいです。
今回の事件で、警察内部や日本法医学研究院の組織にはダークな部分があり、真犯人は警察官である黒川であり、法医学の副院長・橘も解剖の所見を捏造するなど不正が目立ちました。
それに対し、柚木と中園には勇敢さと潔さ、正義感があるからこそ、真実に辿り着けたのではないかと考えさせられました。

スポンサーリンク



サイン-法医学者 柚木貴志の事件-(4話)|視聴者の感想と評価

詳細表示

  • さもん

柚木が少年時代に亡くなった父親の解剖をした兵藤が、父親が屋上からの飛び降り自殺ではなく、脳梗塞を起こして転落した可能性があったと教えてくれ、死んだ父親の名誉を守ってくれたので、兵藤を慕い、法医学の道に進む決心をした恩人だったのに、自殺をしたのは柚木のショックの程がわかり、同情します。
そして、柚木が自分の手で兵藤の解剖をして、兵藤が死ぬ前に伊達と何を話したのかと伊達を問い詰める場面は、最高の緊迫の場面でした。
伊達が酷なお願いですが、と兵頭に言ったのが、法学院の名誉を守る為に、慶徳小笠原病院の医療ミスを隠蔽した解剖結果の事実を永遠に墓場まで持って行って欲しいと頼んだのではないでしょうか?。つまり兵藤に死んでくれと言ったのと同じです。いわば言葉による殺人です。何という卑怯な男でしょうか、伊達と言う男は。
視聴者に十分に憎しみを起こさせる見事な伊達のキャラです。

  • 金太郎飴(30代・男)

途中までは「あの伊達院長にも彼なりの正義感みたいなものがあったんだな…」と少しは感心していたのに、それを全て台無しにするかのような後半の衝撃展開でしたね。状況を見るに、伊達が兵藤に自殺を唆したようにしか思えませんでした。実際のところはどうなのかまだ分かりませんが、そこまでして、兵藤前院長の命を犠牲にしてまで守らなければならない秘密とはいったい何なのでしょうか? 冒頭のあの心不全による死者2名もきっと一連の事件の被害者ですよね。人々の安心・安全のために設立した施設を守ろうとして、これだけの命が失われていったのでは本末転倒のような気がしてなりません。次回、伊達や小笠原がいったいどんな正義を語ってくれるのか分かりませんが、それで柚木が納得する事はないでしょうね。

  • ノッポちゃん(50代・女)

前医院長の所に柚木と中園が遊びに行き、パワハラとか言いながらも2人の信頼関係があると思いました。
前医院長と伊達医院長は今も繋がっている事には驚きました。
医師が同じ時間に別の場所で死んだ事件に柚木は関わりたくないようだと思いました。
中園は気になるようで調べている。柚木は関わりたくないようだったのに、前医院長に連絡を入れて昔の事を聞いている。
亡くなった医師が勤めていた病院の医院長はなんだか怪しいと思いました。
春日は中園が止めるのを聞かずに、柚木に届いた手紙の指紋鑑定をした、指紋は橘だった。左遷されてパチンコ三昧にはガッカリしました。
前医院長に柚木が会いに来ると連絡して来たのに伊達が来た、柚木とバッティングしてしまうと思いました。
柚木先生が来た時には前医院長は首をつっていた。伊達が何か関わっていると思いました。
柚木が言うように自殺するとは思えないからです。
前医院長を柚木が解剖し、自殺だと判断した。柚木に何を言いたかったのだろうと思いました。柚木は伊達が前医院長と会っていた事を見抜いた。よく知るからこそ分かったと思いました。

  • ゆうな(20代・女)

今回は最初から最後までずっとドキドキする展開でかなりおもしろかったです。
兵頭先生と伊達が、1944年の6月に何をしたのか、少しずつ点と点が繋がるようにじわじわと明らかになっていくのが良かったです。
また、自殺した兵頭先生を解剖するシーンはとてもとても胸が痛かったです。
伊達まで涙を流していたのがとても印象的でした。
だけど、兵頭先生が自殺したのは、最後に会っていた伊達に頼まれたからなんだろうなと思いました。
自殺してまで法医学研究院の未来のために隠さなきゃいけないことってなんなんだろうかと不思議すぎます。
橘はなにか知っていそうな気がするので、ここまできたなら全て洗いざらい話してくれないかなと思いました。

  • run(20代・女)

柚木が信頼していた兵藤が亡くなってしまったのが驚きました。兵藤は首吊り自殺をしていて、最初に発見した中園が驚く声にヒヤッとしました。まさか首吊り自殺をしているとは思っていなかったのでびっくりしました。兵藤の自宅にお酒があることを見ていた柚木は、柚木達が来る前に伊達と会っていたと見抜いたのでスカッとしました。伊達は何を話したのか、なぜ伊達に従うしかない兵藤なのか、気になります。兵藤が院長の座を伊達に奪われたときも、法医学研究院のためだからと言って何も言い返せなかった兵藤なので、二人に一体何があるのか気になるポイントになっていました。あんなに昔は仲が良かったのだと分かってとても意外で、二人の関係が悪くなった理由も分かって納得しました。

スポンサーリンク



サイン-法医学者 柚木貴志の事件-(5話)|視聴者の感想と評価

詳細表示

  • 金太郎飴(30代・男)

柚木にとってはかなりショックな展開になりましたね。心から信頼していた兵藤先生の裏切りを突き付けられたわけですから。「この数十年は何だったんだ」と空虚な気持ちになってしまうでしょう。そこで「ただ死者のサインを拾う」という信念もブレて、それが新たな犠牲者を生む展開にもなってしまいましたし。法医研の未来は守られたものの、それ以外に誰も幸せになっていないという凄い話でした。伊達院長だって、かつての兵藤院長や柚木と過ごした時間を思い返しながら暗い顔をしていましたしね。このドラマはいったいどこへ向かい、そしてどんな結末を迎えるのか、今まで以上に興味が湧いてきました。柚木達ベテラン世代は最後には皆いなくなってしまうんじゃないかと心配です。

  • rin(20代・女)

中園が柚木と一緒にいて、柚木が客観的に解剖を判断できるか見ることになったので、二人の信頼関係が深まっていることが分かりました。新たに発見された遺体がずっと探していた女性だっため、見つけることができて良かったとおもいました。しかし、亡くなっている状態で見つかったので、すごく悲しかったです。殺された原因が分からず、追い求めるのですが、毒を飲まされたことが見えてこないため、行き詰っているみんながどうするのか見どころでした。柚木はアンチモンが怪しいと分かり、アンチモンの検査を頼んだところ、全員の遺体からアンチモンが検出されたときはすごく嬉しく思いました。これで院長を捕まえることができると確信したのに、この量では殺すことができるとは言い切れないと言ってしまった柚木だったので、捕まえることができなかったのが残念でした。

  • ハラスメント柚木(30代・男)

偏屈でパワハラコメント連発をしている解剖医の柚木ではあるものの曲がった事が嫌いな性格と思っていたのが、人間らしさの見られた恩義を感じる部分から湧き出た慮ると忖度が、導き出された真実よりも重要だと考えて動いてしまったという内容は、今までのドラマでは見られない主人公の感情の流れで斬新な手法だったなと感じました。
意外に早い段階での過去の出来事の内情の暴露もビックリでしたし、怪しい人物の露骨で挑発的な行動が面白く、なかなか手の内を見せない所が権力を持った者のイヤらしさを存分出していて対峙した構図が分かりやすく楽しめたので、最後まで引っ張り持たせた展開でも良かったのかなと感じる部分もありました。
ホンの少しのだけで終わるものと安易に考える事が、後々になっても尾を引き更に重大事態を招くという教訓を含んだ気がします。

  • ゆき(20代・女)

ここまでずっとご遺体に寄り添い続けてきた柚木が、真実を隠してしまったことがとてもショックです。
真実を明らかにすれば兵頭先生の名誉が傷つくと伊達に言われてしまったからだろうけど、ちょっと残念に思いました。
小笠原があんなにたくさんの人を殺して医療ミスまでしておいてなんの罪にも問われないなんて悔しすぎます。
また、明らかに嘘をついた柚木のことを、景が見放さなかったことにはとても感動しました。
何か理由があるから柚木はそんなことをしたんだと信じているんだなと、景のまっすぐさに胸を打たれました。
さらに、柚木の嘘のせいで安本祥子の父親が死んでしまったことはあまりにも残念でした。
自分も青酸カリを飲むなんてものすごい覚悟だったんだろうなと思います。

  • ノッポちゃん(50代・女)

安本祥子さんの死のねつ造記事でその時に手術に立ち会った人が次々と死んでいて、残る後1人は心中穏やかでは無いと思います。
柚木先生は、小笠原医院長に直球で隠ぺいしたんだろうと言って追求したが既に最後の1人に毒を盛った後だからだろう、証言出来るといいなと笑っていて不気味だ。警察も柚木も毒殺だと分かっているが証拠が出ない。早く見つけて欲しいと思いました。
伊達医院長は小笠原が使った毒はアンチモンだと言った。知っていて黙っているなんてと思いました。方位学研究医院を作る為だったなんて、辛い現実だ。しかも柚木先生の父もアンチモンで殺されていたなんて、小笠原は医師ではない、命を何だと思っているんだと思いました。
小笠原医院長を警察が調べている、柚木先生はアンチモンを致死量とは考えない事を証言した。和泉は死んだ人を見捨てるのと言ったが、柚木は兵藤前医院長を守ったんだと思いました。柚木も本意では無いと思います。
安本祥子の父は小笠原医院長の所に行った。小笠原医院長に殺されると思いました。小笠原は患者の分際でと安本さんに言った、本当にふざけた医師だと思いました。安本さんは小笠原に青酸カリを入れて殺した。2人が死んだ。柚木は責任を感じ辞める事を決断した。

スポンサーリンク



サイン-法医学者 柚木貴志の事件-(6話)|視聴者の感想と評価

詳細表示

  • 金太郎飴(30代・男)

今回の犯人がまた余裕ぶって相手を煽るくせに、自分の方が否定されるとすぐ暴力に走るという迷惑な性格をしていましたね。かっこつけたいのなら何を言われても最後まで余裕ぶってそのまま何もせずに立ち去ってくれればいいのに……なんて思ってしまいました。なので中園が言いたい放題ボロクソにこき下ろしてやるシーンはちょっとスカッとしましたね。早い段階であれくらいガツンと言ってくれる人が周りにいるかどうか、そんな人間関係を作れるかどうかが大事だったのかもしれません。そして恐ろしい事に今回の事件は、犯人と似たような性格の共犯者がもう一人いるようです。最近リアルにも怖い事件が多くてゾッとさせられますから、せめてドラマの中ではこれ以上の犠牲者を出さず綺麗に完全解決するところが見たいですね。

  • rin(20・女)

柚木が落ち込んでしまい、自暴自棄になっていたのでどうなるのか心配していました。景も自分の妹を殺したであろう人物を見つけ出したので、大丈夫か気になりました。二人を見兼ねた和泉が二人に柚木に声を掛けてくれて、解剖医としてまた前向きに考えされることにしたので良かったです。柚木がやって来たことで、景も殺害された時間をわざと帰るのを辞めたので、柚木が来てくれて本当に良かったと感じました。柚木は景と一緒に調べてくれることになり、景の心強い味方がやってきて嬉しかったです。景の妹が植物状態になっていたとは思わなかったのですごく驚きました。景も分かってはいるけど、このまま目が覚めることはないかもしれないという父親の言葉に腹を立てているのが悲しかったです。

  • 脱パワハラ柚木(30代・男)

海外のテレビゲームにありとあらゆる犯罪を行っていくミッション形式のゲームが人気を誇っていると日本に入って来たときに大問題になったなと思い出させてくれる内容でした。
完全に犯人はコイツだろうと思わせるふてぶてしい態度にイライラしながらまんまと騙される展開は、前回までとは違う演出に感じられとても面白く思いました。
解剖医が担当した遺体から亡くなった時間を推定と言っているだけに確かなモノではないと分かっていましたが、時間を割り出す計算方法が国ごとによって違っているとは始めて知り、国の経済や科学レベルの違いによって犯罪を暴き逮捕にまで至る事が全くできない所もあるのかなと想像しました。
初回放送の謎の女性が再び登場した事で、やっと伊達と国家権力の闇に繋がる展開が見られるのがわかり楽しみが増えました。

  • あや(20代・女)

今回もかなりドキドキする展開にとてもハラハラさせられました。
景の妹を襲ったり、一連の殺人事件を犯したのは落合だと思ったいたのに、まさか落合のシナリオ通りに動いている人物がいたなんて衝撃的でした。
落合を捕まえたのに和泉が襲われてしまったことがとてもびっくりでした。
また、落合の猟奇的さもストーリーをかなり盛り上げていたと思います。
人を殺すことをゲームのように扱い、しかも、被害者関係者である景のことをわざと挑発するようなことをするなんて腹が立つ以外の何者でもありませんでした。
さらに、落合が実行犯じゃなかったことにもとてもびっくりしました。
次の事件を防ぐために、柚木たちが野田をどうやって捕まえるのかに期待したいと思います。

  • ノッポちゃん(50代・女)

中園は妹と同じような首元に刻印されていた遺体に動揺している。動揺したが仕事をキッチリやった。捕まった金槌を持っていた男に合わせて欲しいと和泉に頼み警察で話しをした。中園は妹の話しをすると犯人はツインテールの女子高生なんて知らないと言った。こいつが犯人だと思いました。
和泉は柚木を訪ねて中園を助けてあげて欲しいと言った。私も中園を助けられるのは柚木先生しかいないと思います。
柚木が戻ったが捜査は打ち切りになった。バカにしたような犯人に腹が立ちました。
ゲーム感覚でポイント制で人殺しをするなんてもう人ではないと思いました。金槌を持ったピエロは共犯者なのか怖いと思いました。
中園は犯人から呼ばれて話した。いつに戻りたいと言う犯人の挑発には乗らなかった、良かったと思いました。

スポンサーリンク



サイン-法医学者 柚木貴志の事件-(7話)|視聴者の感想と評価

詳細表示

  • 金太郎飴(30代・男)

伊達院長が何だかんだ言いつつも柚木を法医研に戻してくれましたが、その一方で国民的人気歌手殺人事件の黒幕達とも黒い交際を続けていて……。この状況で柚木を戻すのは自分の首を絞める事にも繋がりかねないと思うのですが、それよりも伊達から柚木への一方的な友情が勝ったのでしょうか? それとも柚木に真相を暴いてほしいのか? そんな風に伊達の思惑も気になってくるお話でした。柚木の方はすっかり調子を取り戻して事件の真相を追う事に必死です。和泉が警察上層部の腐敗っぷりにぐったりしていますけど、柚木・中園・高橋の3人がもうやる気満々で動き回っているから頼もしいですね。この3人は組織の維持とか考えずに事件被害者の側に立って動く人情派。伊達とは衝突するでしょうが、柚木も今度はそんな事を気にせずに思う存分やってほしいです。

  • 忘れかけ事件復活(30代・男)

病院で意識が戻らず人工呼吸機器を使っている優の姉の中園は解剖医の柚木と共に金槌で犯行を続けていた野田を逮捕する貢献をしたまでは理解できたものの、刑事の高橋が押さえ込んだ時に冷静過ぎる態度に違和感を感じて、更に冒頭ですぐに事件が終わり、前回の放送にくっつけて解決させる方向でも良かったかなと思いました。
今度はやっと初回放送で殺害された人気歌手の北見の事件に移り真相に近づくかと思ったら、すぐに関係者が消えていく展開はスピード感はありますが何処か中途半端な雰囲気の印象を受けてしまっているのが残念です。
また、柚木や中園は解剖医という職業から見えるものに真摯に向き合うはずの設定が、ほぼ探偵業のような行動ばかりが目立ち始めていて、詰め込み過ぎるために設定がないがしろになっている気がしました。

  • ゆい(20代・女)

青酸カリが入っている飲み物がかかったジャケットがあと少しで手に入るところで燃やされてしまった時は衝撃的でした。
だけど、欲しいジャケットだけ運よく手に入った時はとても嬉しかったです。
これで2つの事件が繋がって、真相に一歩近づいたなとドキドキしました。
だけど、当の真犯人と思われる楓が、かなり肝が座っていて怖かったです。
柚木から、お前が犯人だろと言われたわけではないけれど、疑ってますよという物言いを聞いてもずっとヘラヘラ笑ってるのが気味が悪かったです。
柚木のことをおちょくっているような感じだったし、権力で全て揉み消せると思ってるんだろうなと感じました。
絶対に確固たる証拠を掴んで逮捕してもらいたいです。

  • グリーン。

中園景の妹の優が3年前にカナヅチで襲われた事件の共犯者の野田が、海浜シェルズパークでゲームのミッションとしてナイフでカップルを襲おうとした前回の続きの展開に面白いなと感じて見ましたが、意外とアッサリ捕まり解決したのが引っ張った割には物足りなさを個人的に感じました。むしろ今回はその後の1話の北見永士殺しで服役中の宮島清花が無実だと訴えた内容に重きを置いていたストーリーだったかなと思いました。清花があんな風に殺され、それを島崎と佐々岡が指示していたのも興味が引かれましたし(刑務所内に協力者がいる?)、あの人物も後にその企みを知り黙って従ったシーンも今後更に面白くなりそうだなと感じました。島崎の娘の楓がいかにも怪しく描かれているのは、フェイクか、それともストレートにあの人物を殺した真犯人なのか、益々今後の展開が気になった7話だなと思いました。

  • かな(40代・女性)

自首したことで北見殺人事件の犯人として逮捕されたはずの清花から、「無実なんです。すべてを話すので会いに来てください。」と捜査一課の管理官・和泉に電話がかかってきたことで、また北見殺人事件の捜査が浮かびあがり始めて、興奮しました!
電話をかけたあとから、黒幕の次期総裁候補の娘・楓が刑務所にやって来て不穏な空気が流れ始めるところには、ハラハラしましたし予想通りに清花は殺害されてしまい、事件が闇に葬りされそうなってしまうところでは、これからどうなってしまうのかとすごくワクワクしました。
青酸カリが入った飲み物を社長が北見に飲ませたことを清花から聞いていた、刑務所内の親友から聞き出すことに成功し、その飲み物がかかったスタッフジャンパーを探し出すところ、とても良かったです!
和泉達が証拠となるスタッフジャンパーを押さえようとしたのに、あと少しのところで社員たちに焼却されてしまい、唖然としました。
しかしそのあとで、本当の青酸カリの飲み物がついたジャンパーをなにも事情を知らない他の社員から手にいれた時は、「グッジョブ!」とおもわず言ってしまうくらい嬉しくなりました!

スポンサーリンク



サイン-法医学者 柚木貴志の事件-(8話)|視聴者の感想と評価

  • 金太郎飴(30代・男)

刑事課長が独り言を言ってみたり、伊達院長が解剖医として真っ当な診断をしてみたりと序盤から意外な展開が続くので目が離せませんでした。「これはきっと大きな落とし穴が待ってるぞ…」と。特に伊達の診断には柚木ですら「え? 認めるの?」という顔をしていましたからね。そう思いながら見ていたら、やっぱり伊達が裏切りましたよ! 組織を守るための犠牲がどんどん積み重なっていって、その内に誰も制御できなくなるレベルに達してしまいそうなのですが……。そして真犯人と疑われている楓ですが、いったい何をどうしたらこのような歪な精神の持ち主になってしまったのか? そんな疑問が回を増す毎に強くなっていきます。この橘の精神も崩壊一歩手前の危うさを感じますが、最終回で法医研と一緒に粉々に砕け散るのではないかという気がしてきました。

  • run(20代・女)

柚木と伊達が一緒に会田の解剖をやることになったのが意外で、伊達が一緒にやることを認めたのが驚いたシーンでした。伊達は柚木と解剖して、会田を自殺ではなく他殺だと決めたので、二人の意見が一致して良かったと思いました。会田はハンマーのような物で殴られた痕があり、意識がもうろうとしているところで突き落とされた可能性があると判断したので、このまま楓を捕まえることができるのではと期待しました。しかし、楓が会田と会っていた19時も死亡推定時刻だったのに、伊達が23時以降に殺されたといい出したのですごくびっくりしました。さすが伊達は伊達だと感じてしまったところでした。伊達はいつまで経っても法医学研究院を守るためだといって解剖結果をねつ造し続けるのだと感じました。

  • 解剖医なのか柚木(30代・男)

捜査一課の管理官である和泉と警部補の高橋の暴走的ではあるものの強い正義を貫こうとする思いを感じ取った捜査一課長の下山が、上層部からの御達しを説明しつつ変わらない姿勢の和泉と高橋の思いを大切にして、アドバイスを送り思う存分やってこいと背中を押すという、上司の鑑と言っていい姿が素晴らしく、こんな上司ならば部下も仕事に前向きになれて成長していくのも早いだろうなと感じました。
解剖医の柚木たちが人気歌手の北見を殺害したと見ている島崎楓の異様な行動は際立って感じられる反面、急に出てきた印象が強くて何が何やらと思ってしまう内容と早過ぎる進み方に、ついていくだけで手一杯で理解できたのは権力を持つと、伊達が言っていた忖度される側とはこういう事かとわかったくらいで、初回からちょこちょこと楓の事件へと繋がる真実が見えてくるようにしていたら面白みが増した気がします。

  • みさき(20代・女)

伊達が会田の解剖結果を偽らなかったから作戦は成功したと思ったのに、まさかの展開にとても驚きました。
死亡推定時刻を記者会見の現場で偽るなんて、もうなかなか覆せなくなるし、してやられたなと悔しかったです。
取り調べ中に楓がやけにニヤニヤしていたのがとても不思議だったけど、伊達が隠蔽することを知っていたからあんなに強気でいれたのかと腹が立ちました。
また、柚木が楓の部屋から凶器のぬいぐるみを見つけ出したのには、とても興奮しました。
このぬいぐるみさえあれば、楓を犯人だとすることができると嬉しかったです。
だけど、伊達が景に交渉を持ちかけたのが気になります。
妹の命と天秤にかけたら、証拠の繊維を渡してしまうんじゃないかと心配です。

  • ノッポちゃん(50代・女)

柚木と和泉はアイドル北見を殺した犯人は島崎楓だと確信して社長を探していたが社長は自殺に見せかけて殺された。島崎楓が殺したと思いました。
警察の課長は和泉に好きなようにやれと言ってくれた、和泉は良い上司に恵まれたと思いました。
警察は解剖に柚木を助手として参加させた。柚木は伊達に医院長の見解はと訪ねたのは、伊達に嘘をつかせない為だったと思いました。
島崎楓は任意で呼ばれた。私が北見を殺した事をと言った時はドキドキしましたが楓は事実無根だと笑って言っていて、ムカつくと思いました。解剖の結果は23時と発表した伊達は改ざんした。
楓の父は一度ならず二度もと楓を殴った。父が無かった事にしてくれるんだから、何回でもあると思いました。
伊達医院長に死亡推定時刻がおかしいと言って話し合いがもたれたが、伊達の圧力にみんな屈してしまい残念と思いました。
柚木は楓の家で北見を殺した青いぬいぐるみを発見した。これで事件解決と思いましたが、また邪魔が入った。権力に腹が立ちます。

スポンサーリンク



サイン-法医学者 柚木貴志の事件-(9話)|放送前の展開予想と期待シーン!

ここであの青い繊維が活躍するというのは燃える展開ですね。残念ながら一度は伊達の手に渡ってしまうようですが、彼がそれをいったいどう扱うのかに注目です。ここまでの流れを振り返ると隠蔽間違いなしなんですけどね。しかし犠牲者の無念を晴らすという法医学者の魂は、彼にもまだ残っているはず。どうかその心にもう一度目覚めてほしいです。

中園が柚木を心配している様子が見えたので、柚木の身に何か危険が起きたのだと感じてとても心配です。柚木は一体誰に何をされたのか、すごく気になるので、大丈夫だと信じたいところです。柚木はまた中園を助けようとして誰かに殴られたのではと感じました。

中園が隠し持っていた殺害された北見の口から発見された青い繊維は、院長の伊達が昏睡状態で心臓が悪化している妹の優の治療を引き受ける条件で渡してしまうために、事件は解決できない流れになり、柚木は中園を責める事なく、事件の真相に迫るために真犯人の楓を証拠を見つけたと煽り、柚木に青酸カリを飲ませる手段を取らせ、中園に解剖をさせて事件を解決に向かわせると同時に、中園を真の解剖医に育てる衝撃的な内容になると想像しています。

監視カメラの映像に見つかった異変というのが気になります。
柚木がどんなに頑張ってもことごとく権力に握りつぶされてしまうそうなので、壮絶な戦いになりそうだなと楽しみです。
最後に柚木がどんな決死の勝負に出るのかが見どころだと思いました。

中園が北見を殺した証拠を持っていた事を知った伊達は中園の妹の手術代と引き換えにと中園を脅した。中園は妹の為に事件で最も大切な証拠を渡してしまうと思います。
柚木は伊達に腹が立つが中園が妹を思う気持ちも分かるから中園を責める事は出来ないと思います。

スポンサーリンク