映画『IT/イット(全2作)』無料視聴できる動画配信サービス10社まとめ

無料で見放題できるイチオシのサービス

調査日:2020年2月4日

スポンサーリンク

IT/イット|動画配信状況

映画の中でも洋画の配信に強い動画配信サービス10社に絞ってリサーチしています。

2020年2月4日調べ

○印は見放題配信。金額表示はレンタル料金です。動画の配信状況はサムライVODが調査した時点での情報なので、詳細は各公式サイトで確認しましょう。SP=スペシャル版/SF=スピンオフ作品

VOD U-NEXT Hulu dTV TSUTAYA TV auビデオパス Amazonプライム・ビデオ ネットフリックス FODプレミアム ビデオマーケット パラビ
IT/イット
(映画1作目)
400円 400円 400円 200円 199円 400円
THE END
(映画2作目)
2/26(予) 2/26(予) 2/26(予) 2/26(予) 2/26(予) 2/26(予) 2/26(予)
月額
お試し期間
1,990円
(31日間)
933円
(14日間)
500円
(31日間)
933円
(30日間)
562円
(30日間)
400円
(30日間)
800円
(1ヶ月間)
888円
(1ヶ月間)
500円
(1ヶ月間)
925円
(30日間)
毎月貰える
ポイント
1,200円分 なし なし 1,080円分 562円分 なし なし 1,300円分 500円 325円分
詳細

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

視聴者おすすめの類似作品

IT/イットは高画質配信で無料視聴するならU-NEXTがオススメオススメの動画配信サービス

  1. U-NEXTは31日間のお試し期間を使えば無料で視聴できる上、期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  2. お試し入会時に600円分のポイントが貰えて、新作映画やレンタル作品を無料視聴できる。
  3. 高画質配信・4K配信に力を入れていて、大画面テレビやホームシアターでの視聴もかなりキレイ。
  4. 邦画・洋画ともに新作映画のレンタル配信が早い&豊富
  5. 見放題できる映画作品数は業界トップクラス
  6. 大人(○ダルト)作品も見放題。
  7. 100誌以上ある有名雑誌が読み放題できる。
今なら2019年4月5日調べ
  • 万引き家族
  • 恋と嘘
  • アイアンマン
  • ヴェノム
  • トランスフォーマー
  • エイリアンズVSプレデター
  • ステイ・フレンズ
  • ワイルド・スピード
  • コーヒーが冷めないうちに
  • 海底47M
  • プラダを着た悪魔
  • アベンチャーズ
  • 怪盗グルーのミニオン危機一発
  • 溺れるナイフ
  • 劇場版 SPEC
  • 東京喰種トーキョーグール
  • 斉木楠雄のΨ難
  • 娼年
などの映画も配信中。 入会手順もめっちゃ簡単。

入会の解説手順を表示

U-NEXT【公式】 31日間お試しページ

IT/イット(全2作品)を無料で視聴できるのはTSUTAYA TVだけオススメの動画配信サービス

  1. 30日間のお試し期間を使えば無料で視聴できる上、期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  2. お試し入会時に1,080円分のポイントが貰えて、新作映画を2本も無料視聴できる。
  3. 新作映画の配信が豊富で、レンタル開始も早い。
  4. DVDの宅配レンタルし放題もお試し入会で利用でき、圧倒的な数の作品を見放題できる。
今なら2019年4月5日調べ
  • ジュラシック・ワールド
  • ワンダー君は太陽
  • ミッション・インポッシブル
  • アベンチャーズ
  • レディプレイヤー
  • デッドプール
  • オーシャンズ8
  • ハン・ソロ
  • ヴェノム
  • ランペイジ
  • サーチ
  • 万引き家族
  • カメラを止めるな
  • 孤狼の血
  • 銀魂2
  • センセイ君主
  • BLEACH
  • OVERDRIVE
  • ルームロンダリング
  • コーヒーが冷めないうちに
  • パーフェクトワールド
  • 寝ても覚めても
  • 羊と銅の森
などの映画も配信中。 入会手順もめっちゃ簡単。

入会の解説手順を表示

TSUTAYA TV【30日間無料】 宅配レンタル&動画見放題お試し

※お試し入会時に宅配レンタルとのセットプランでの登録を忘れずに。

IT/イット|作品情報(スタッフ・キャスト)

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(映画1作目)

原作 小説(スティーヴン・キング)
監督 アンディ・ムスキエティ
脚本 チェイス・パーマー、ゲイリー・ドーベルマン、キャリー・フクナガ
制作 ニュー・ライン・シネマ、ラットパック・エンターテインメント
公開年 2017年11月3日
  • ジェイデン・リーバハー
  • ビル・スカルスガルド
  • ジェレミー・レイ・テイラー
  • ソフィア・リリス
  • フィン・ウォルフハード
  • ワイアット・オレフ
  • チョーズン・ジェイコブス
  • ジャック・ディラン・グレイザー
  • ニコラス・ハミルトン
  • ジャクソン・ロバート・スコット

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(映画1作目)

原作 小説(スティーヴン・キング)
監督 アンディ・ムスキエティ
脚本 ゲイリー・ドーベルマン
制作 ニュー・ライン・シネマ
公開年 2019年11月1日
  • ジェシカ・チャステイン
  • ジェームズ・マカヴォイ
  • ビル・ヘイダー
  • イザイア・ムスタファ
  • ジェイ・ライアン
  • ジェームズ・ランソン
  • アンディ・ビーン
  • ビル・スカルスガルド

IT/イット|視聴者の感想と評価・評判

びっくりさせられるホラー映画

  • 40代 女
  •  

前作を見たので、子供たちが大人になり、ベン以外はわりと雰囲気もそのままの俳優さんでちょっと感動しました。ベンはあまりに素敵になっていたので、初めは全然誰だかわからなかったです。ストーリーは、前作から27年後再び「それ」が現れたというところから始まり、ワクワクしました。前作同様、突然ソレが出てくるので、何度もびっくりさせられました。ただ、ホラー映画ではありますが、ペニーワイズ自体ちょっと滑稽で思わず吹き出してしまうシーンも多々ありました。また、全員生き残れないのも残念でした。でも、映像はとにかくすごかったし、ペニーワイズの片目が逆に動くのは映像で加工した訳では無く 役者本人が実際に両目を自在に動かしていたのはびっくりです。

若者向けのホラー映画

  • ゆっぽぽ
  •  
  • ゲットアウト
  • JOKER

ペニーワイズの迫力と気持ち悪さが前作を上回っていてよかったです。脚本も良くストーリー性もしっかりあったので、最後まで楽しむ事が出来ました。もちろん前作の青春感と仲間の絆を描いた要素が好きだったので、今回はそれを感じませんでしたが。その分恐ろしさはレベルアップしてましたが。そしてCGの技術が進歩しすぎているせいか、派手な演出が多くてホラー映画っぽくなかったです。不気味でグロいホラー映画が好きなので、ホラー映画として見たら満足感が半減してしまうでしょう。映像が綺麗で色が鮮明だったのはとても良かったです。また出てくるタイミングが先読み出来てしまうので、ハラハラ感も物足りませんでした。もう少し短かったらよかったですね。

ひたすら恐怖

  • ももか
  •  

感想と致しましては、前作の子供達が大人になってまた再開して恐怖のピエロに立ち向かうという作品になっているのですが、前作とはまたちがう恐怖があって良かったです。飽きずに楽しむことができ、さらに恐怖も増していたので良かったです。特に主人公の男の人が勇敢にピエロに立ち向かっている姿はカッコ良かったです。また、子供たちが成長した姿を今回は描かれているのですが、どこか面影があり、キャストのチョイスも素晴らしいなと思いました。また、特に良かったのが映像の綺麗さです。映像がとても綺麗で臨場感も本当にあって良かったです。また、相変わらずピエロが気持ち悪くて奇妙な動きをするのは変わっていなかったのでそこは安心しました。

人の成長や人生について考えさせられるシビアな映画作品

  • ひぃ(30代、女性)
  •  
  • ジョーカーなど怖い場面の多い映画が好きな方に向いていると思います。

ITの続編で、あれから25年後の世界を描いていました。再びソレが現れてあの頃少年少女だったみんなが大人になって再集結をして、頑張って戦うぞというストーリーでした。旧ITでは蛇足が多くとんでもなく長く感じたのですが、大人編が凄く見やすくなっていて感動しました。フォーチューンクッキーのシーンとか巨大ITと戦うシーン楽しみにしていたら、CGのおかげでめちゃくちゃ映像も進化していて面白かったです。ITの正体も前よりはわかりやすくなっていましたし、どうして現れたのかや、やっつけ方などじっくり見ることが出来ました。子供編では、青春感や爽やかさなど、見ていて気持ちが良くて応援したくなる魅力がありましたが、大人編ではまた違った魅力を発見しました。

ノスタルジックとホラーが絶妙に混ざった作品

  • 鳥居の上の鳥
  •  
  • スタンド・バイ・ミー

スティーブン・キングの作品らしくどこかノスタルジックな感覚を味わえる作品。たぶんこれは誰もが少年・少女時代に体験するような、特定のグループで行うこと、例えばタイムカプセルのようなものを想起させるからだと思う。前作がタイムカプセルを埋める過程を描いたものだとすると、本作はそれを掘り出し、中身を確認するところを描いたものだと言える。大人になって各地に散らばった主人公たちが子供の頃に過ごした町に戻ってきて、子供の頃に体験したことの結末を見届ける、本当にタイムカプセルみたいな作品だった。もちろんホラー映画なので、おぞましいシーンや怪異以外でも人的な事件が起こったりと見所がたくさんあるけど、それ以上に子供の頃の思い出とのリンクの描写が秀逸だと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です