池袋ウエストゲートパーク(全11話)|無料で見放題できる動画配信サービス10社まとめ

無料で見放題できるイチオシのサービス

調査日:2020年3月30日

スポンサーリンク

池袋ウエストゲートパーク|動画配信状況

2020年3月30日調べ

○印は見放題配信。金額表示はレンタル料金です。動画の配信状況はサムライVODが調査した時点での情報なので、詳細は各公式サイトで確認しましょう。SP=スペシャル版/SF=スピンオフ作品

VOD U-NEXT FODプレミアム Hulu パラビ テラサ Amazonプライム・ビデオ dTV ネットフリックス TSUTAYA TV ビデオマーケット
ドラマ1期
(全11話)
●(DVD)
ドラマSP
(全1話)
●(DVD)
月額
お試し期間
1,990円
(31日間)
888円
(2週間)
933円
(14日間)
1,017円
(2週間)
562円
(30日間)
400円
(30日間)
500円
(31日間)
800円
(なし)
933円
(30日間)
500円
(入会月)
毎月貰える
ポイント
1,200円分 1,300円分 なし 500円分 562円分 なし なし なし 1,080円分 500円分
詳細

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

類似作品

この中にハマった作品ある人は『池袋ウエストゲートパーク』もオススメ。

TSUTAYA TVのDVD宅配レンタルなら『池袋ウエストゲートパーク』を無料で視聴できる!オススメのDVDレンタルショップ

  1. TSUTAYA TVは30日間無料お試しキャンペーン中
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. 動画配信サービス&DVD宅配レンタルサービスの両方が30日間無料で使える。
  4. 1,100円分の動画レンタルポイントが貰えて、新作を2作も無料で視聴可能!
ポイント! TSUTAYA TVは
  • 動画配信サービス(見放題&レンタル)
  • DVD宅配レンタル(借り放題)
  • という2つのプランを合わせて30日間無料で使えるんだ! 動画配信がない作品もDVDで宅配レンタルすれば無料で見放題できるってこと。
    入会手順もめっちゃ簡単。

    入会の解説手順を表示

    TSUTAYA TV【30日間無料】
    宅配レンタル&動画見放題お試し

    お試し入会時に宅配レンタルとのセットプランでの登録を忘れずに。

    池袋ウエストゲートパーク|作品情報(スタッフ・キャスト)

    池袋ウエストゲートパーク(ドラマ1期)

    原作 小説(石田衣良)
    演出 堤幸彦/伊佐野英樹/金子文紀
    脚本 宮藤官九郎
    制作 TBS
    公開年 2000年
    話数 全11話
    視聴率 14.9%
    • 長瀬智也
    • 加藤あい
    • 窪塚洋介
    • 坂口憲二
    • 佐藤隆太
    • 山下智久
    • 酒井若菜
    • 妻夫木聡
    • 遠藤憲一
    • 渡辺謙
    • きたろう
    • 阿部サダヲ
    • 森下愛子
    • 小雪
    • 須藤公一
    • 西島千博
    • 青木堅治
    • 矢沢心

    池袋ウエストゲートパーク スープの回(SPドラマ)

    演出 堤幸彦/伊佐野英樹/金子文紀/木村ひさし
    脚本 宮藤官九郎
    制作 TBS
    公開年 2003年
    話数 全1話
    視聴率 14.0%

    池袋ウエストゲートパークの脚本は宮藤官九郎。「あまちゃん」や「木更津キャッツアイ」など数々の名作を生み出していますね。他、宮藤官九郎が脚本したドラマ作品はこちらを参考に。

    【驚くほど名作が多い!】宮藤官九郎が脚本のおすすめドラマ10選

    池袋ウエストゲートパーク|視聴者の感想と評価・評判

    社会現象にもなったギャングドラマ

    • 盛りだくさん。
    • 35歳・男性
    • ★★★★★(10/10)
    • お金がない
    • 下町ロケット
    • タイガーアンドドラゴン
    • 木更津キャッツアイ

    元々この手のドラマが大好物な私ですが、特にこのドラマは面白かったです。

    カラーギャング、チーマ等がリアルに沢山いた当時、身近にそのような人物も沢山いたので余計に感情移入ができました。

    主人公の長瀬智也演じるマコトは正直喧嘩が強いのか弱いのか当時わかりませんでしたそれでも周りの友達やヤンキーに一目置かれた存在だったマコト!

    最後まで喧嘩するシーンはありませんでしたが、最後は男を見せてキングにボコボコにされました。

    喧嘩をして実はすごい強いんだぞって展開かなって思っていたので正直拍子抜けでしたが、アレはアレでいい終わり方だったのかなと思います。

    そして、この作品を語る上で絶対に忘れてはいけないのが、窪塚洋介演じるキング!

    私の周りでもキング人気は非常に高く、髪型を真似する者や、服装を真似する者も沢山いました。

    普段おちゃらけて意味不明な行動や、言動が目立つキング、ですが、喧嘩をやらせると超人のような喧嘩の仕方で視聴者をテレビに釘付けにしました。

    女性の趣味も変わっていたのがまたキャラを引き立たせていたかなと思います。当時出演していた俳優さんの方々は今は有名になれているのも有名な話ですよね。

    記事を書いていてまた見返したくなりました。

    コメディ要素のある感動作品

    • ユーイチ
    • 40代・男性
    • ★★★★★(9/10)

    池袋ウエストゲートパーク通称IWGP、2000年に放送されたのでもう20年ぐらい前になりますが今でもレンタルでは根強い人気があります。

    ドラマの脚本を宮藤官九郎、主演が長瀬智也ほかにも出演者が窪塚洋介、山下智久、坂口憲二、佐藤隆太、加藤あい、阿部サダヲほかにも今をときめく俳優陣が出演しているところも根強い人気かもしれませんね。

    舞台は、池袋当時チーマーやカラーギャングと言われるものがいた時代ですね。

    この話も、長瀬演じるマコトが工業高校卒業後フリーターみたいな感じで仲間達と過ごす。池袋では有名人。

    そこに、友人の佐藤隆太演じる大学生のマサや山下智久演じるイラストが得意な専門学校生のシュン。

    お嬢様学校に通いながら池袋で遊んでいる加藤あい演じるヒカル。

    池袋で黄色をメインカラーとしているギャング”g- boys”を率いる冷酷残忍なタカシを窪塚洋介が熱演。

    地元池袋で起こるさまざまなトラブルや事件をこの仲間達で解決していくコメディタッチながら感動もあるオススメドラマです。

    リアクションやセリフがめちゃくちゃ面白い!

    • m0833
    • 30代・女性
    • ★★★★★(9/10)
    • 木更津キャッツアイ

    当時、ドラマのタイトルをI.W.G.Pと略して読む人も多く、その名が知れ渡った池袋ウエストゲートパーク。

    当時ドラマに出演していた登場人物と同年代という事もあって、とても共感するところも多く毎週楽しみにして見ていました。

    当時人気だった長瀬智也さんが面白く主演を務め、チーマーという言葉が浸透していったのもこの頃だったと思います。

    脚本がクドカンこと、宮藤官九郎さんなので毎回面白かったです。長瀬さんのちょっとしたリアクションとか、言葉使いなど笑える場面が多々ありました。

    また、今では有名な窪塚洋介さんや佐藤隆太さんなどイケメンぞろいのキャストも見どころの1つでした。

    Sadsが歌う主題歌、忘却の空もドラマに合っていて大好きでした。この曲を聴くと池袋ウエストゲートパークだなと思い出します。

    現在ではコンプライアンスに引っかかりそうな場面もあるので再放送は難しそうですが、深夜枠でまた放送してくれたら嬉しいです。

    下ネタ.笑い.感動.ハラハラありの名作

    • にゃん
    • 20代・女性
    • ★★★★★(10/10)
    • 木更津キャッツアイ
    • ウシジマくん

    池袋ウエストゲートパークと言えば宮藤官九郎の名作で大人気の作品です。

    今の時代ではなかなか見かけることのない下ネタなどもあり、笑いもハラハラあり、とても楽しいドラマです。

    私が若いころに放送されたドラマですが今でも時々レンタルして何度も見てしまう作品の1つです。

    今の高校生や若い子は知らない作品かもしれませんが、どの世代のかたが見ても絶対に楽しめる作品なので老若男女問わず多くの方に知ってもらいたいドラマだなと思います。

    とても笑えるのに、友情の情熱なども学べて人それぞれ何かしら感じる事のできるドラマだと思います。

    また今ではテレビであたりまえに見かける女優さんや俳優さんがとても若々しく、そんな面でも楽しく見られる作品だと思います。

    主演の長瀬智也さんも若くイケメンで、ジャニーズのファンの方も楽しく見られる作品だと思います。

    宮藤官九郎さんは、数々の名作を出していますが、中でもずば抜けた人気の池袋ウエストゲートパークは見ても後悔しない楽しさが詰った作品で、とてもおススメです。

    遊び心のある歴史的名作ドラマ

    • ゆう
    • 30代・女性
    • ★★★★★(9/10)
    • GO

    このドラマほど豪華な俳優陣を集められたものは後にも先にもないのではないかというような歴史的に残るドラマだったと思います。

    主役に長瀬智也を迎え相手に窪塚洋介。さらには渡辺謙・加藤あい・佐藤隆太・山下智久など脇を固める俳優さんだけでも主役級というとんでもないドラマでした。

    また監督には堤幸彦、脚本には宮藤官九郎という凄まじさ。またオープニング曲はRIZEにエンディング曲でSADSとういう力の入れ具合でした。

    肝心の中身ですが、池袋のカラーギャング戦争を軸にその周りで様々な事件が発生するという内容でした。

    登場人物などは毎回見ないと理解できない箇所もありますが、基本的には1話~2話程度で簡潔するオムニバス方式でした。

    誠が崇と京一、それぞれがリーダーとなるギャングチームの中でトラブルに巻き込まれながらも問題を解決していく内容です。

    毎回の終わりに次回への伏線が張られているため見終わった後も次回へのもやもやが残ります。

    それぞれの回ごとにぱっと見意味不明なタイトルがつけられています。

    内容にリンクしてくるかと思いきや全くないようには関係ありません。その辺りも遊び心があります。

    今見ても時代背景などは全く違いますが、古くさくなく見れる作品かと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です