国内ドラマとは違った面白さを持っている海外ドラマシリーズ。

おすすめ国内ドラマの動画配信サービスはコチラで紹介しています。

そんな海外ドラマを見るのに最もオススメの動画配信サービスをランキングにまとめてみました。

現在、27社の動画配信サービスに入会し使い倒した経験から

  • 見放題配信の作品数
  • 配信タイトルのセンス
  • 画質やアプリの使用感
  • 吹き替え・字幕の対応
  • ダウンロード機能

などなど、VOD(ビデオ・オン・デマンド)で海外ドラマを楽しむ上で重要になるポイントを基準に比較しています。

注意

『海外ドラマ』は韓国ドラマや台湾ドラマなどのアジアドラマを抜いた、アメリカやイギリスなどの欧米ドラマのことです。

今でも各サービスを頻繁に利用しているため、月1の頻度で評価を見直し更新しています。

「評価基準」表示

  • 海外ドラマの配信数
  • 見放題できる配信数
  • 配信開始される速さ
  • 配信作品のチョイスセンス
  • 最高画質・画質選択の対応
  • ストリーミングメディアへの対応
  • ダウンロード機能
  • アプリの使用感(UI)
  • リアルタイム配信
  • 吹き替え・字幕の対応
  • オリジナル作品
  • 基本サービスの評価
  • 実際に使った細かな使用感

1位『Hulu』

作品チェイスのセンスが◎

日本初の海外ドラマを多数配信

FOXチャンネルを視聴できる

配信作品全てが見放題

海外ドラマを楽しみたい人はHuluを選べば間違いありません。他サービスと比較しても海外ドラマへ圧倒的に力を入れてくれています。

配信数はそこまで多いわけではありませんが、配信作品チョイスはピカイチで、人気どころはほぼ見放題です。

また、Huluプレミアムという日本で初めて放送される海外ドラマを見放題配信してくれるサービスは神レベルです。

その上、普通ならCS契約しないと見れないFOXチャンネルもリアルタイムで視聴できます。

極端に言うと、日本で海外ドラマを独占しているようにも思えるほどです。

ちなみに、今だと『ウォーキングデッドの最新シリーズ(シリーズ9)』もリアルタイム配信&見逃し配信もしてくれています。

2位『U-NEXT』

見放題できる作品数が豊富

レンタル作品数も充実

FOXチャンネルをリアルタイムで見れる

吹き替え・字幕の検索が簡単

月額料金が高い

海外ドラマを楽しむ上で、見放題・レンタル・吹き替えなど色んな意味でバランが良いのがU-NEXT。

見放題できる作品数はかなり多く、調査した27社の中で2番目で、配信作品のセンスも◎。

また、レンタルできる作品数や新作の対応スピードも早いのもU-NEXTの特徴です。

最近ではFOXチャンネルも視聴できるようになっていて、ウォーキングデッド9もリアルタイム&見逃し配信してくれています。

月額1,990円なのが痛いところですが、毎月1,200円分のポイントが貰えるので実質は月額790円。

ポイントの使い道が明確な人にとってはU-NEXTがコスパ最強です。

3位『Netflix』

オリジナルドラマがめちゃくちゃ充実

配信作品のチョイス◎

全ての作品が見放題

4K画質で視聴できる作品も

月額がわりと高い

海外のオリジナルドラマといえばNetflix。オリジナル作品を視聴するだけでも入会する価値のある動画配信サービスです。。

オリジナル以外の人気ドラマもガンガン配信してくれるので、Huluに匹敵するレベルの作品充実度と作品チョイス。

吹替版の切り替えやアプリの使用感などユーザー目線で作れているところが個人的に高評価。

また、Netflixの売りは4K(UHD)画質での視聴ができるところ。4Kテレビ(モニター)と速い回線環境の人はかなりオススメです。

ただし、4K画質はNetflixの最も上のプランでの機能で、

  • ベーシック:月額800円(SD画質)
  • スタンダード:月額1,200円(フルHD画質)
  • プレミアム:月額1,800円(4K・UHD画質)

画質を求めると月額料金が高くなる仕組みです。

4位『Amazonプライム・ビデオ』

配信作品数が圧倒的に多い

見放題の配信数もかなり充実

月額325円と破格の安さ

オリジナル海外ドラマも配信

調査した27社の中で海外ドラマの配信数・見放題できる作品数が1番多かったのがプライム・ビデオ。

自社のオリジナルドラマ(USドラマ)も配信していて、視聴できる海外ドラマの数だけだと他と比較しても圧倒しています。

ただ、個人的には人気作品に限ってレンタル配信という感じがして、見放題のお得感はそこまで。

また、見放題できる作品の配信サイクルが早いので、頻繁にチェックする人は嬉しいが、

ダラダラと視聴するタイプは急にレンタル対象になるので注意が必要。

月額325円で動画配信以外の特典たっぷりの総合的コスパ最強のサービスです。

5位『dTV』

月額500円でリーズナブル

吹替版が少ない

料金が安い上に配信数がそこそこ豊富でコスパが良いdTV。

Amazonプライム・ビデオと比較すると劣化版のように思えますが、見たい作品によってはdTVの方が魅力的なパターンもあると思います。

ただし、見放題配信となると作品数が限られてくるので、上位のサービスと比べるとさみしい感じですね。

また、極端に日本語吹き替えが少ないので、字幕NGの人はおすすめしません。

6位『auビデオパス』

月額562円と安い

見放題配信の割合が多い

月額料金分のポイントが還元される

以外にも海外ドラマの配信に力を入れているのがauビデオパス。

最近、auユーザー以外でも入会できるようになった動画配信サービス。

月額562円で毎月562円分のポイントが貰えるため、実質0円で利用ということになります。

海外ドラマもそこそこ配信してくれていて、半分以上が見放題配信なのが嬉しいですね。

上位サービスと比べると目劣りしてしまいますが、月額料金を踏まえるとコスパは高いです。

7位『TSUTAYA TV』

DVDの宅配レンタルもできる

見放題できる作品が少ない

作品ラインナップがイマイチ

見放題の配信数が少なすぎて消費者庁から措置命令をうけたTSUTAYA TVですが、海外ドラマに関しては割と充実しているという印象。

レンタル配信を含めると作品数は充実しています。

ただ、海外ドラマのライナップはイマイチなので、上位のサービスと比べるとかなり目劣りします。

DVDの宅配レンタルと上手に絡めると、視聴できる作品数は最強になりますが。

動画配信サービスとしては今のところ低評価、、、

8位『ビデオマーケット』

配信作品数がかなり豊富

見放題配信はほぼなし

ダウンロードできない

海外ドラマに限らず、レンタル配信が主体になっているのがビデオマーケット。

見放題が目的で入会するととんでもない目にあるので注意です。

海外ドラマの作品ライナップは豊富で、レンタルで視聴する場合はとても重宝します。

動画レンタルだけ利用できるので、臨機応変に使えるところは良い点。

9位『FODプレミアム』

珍しい見放題作品がたまにある

ポイントや特典などの還元が豊富

ほとんどレンタル配信が対象

ダウンロード機能なし

国内ドラマ(フジ系列)ではかなりおすすめのFODプレミアムですが、海外ドラマになるとイマイチ。

とにかく見放題できる作品が少ないため、海外ドラマは期待しないように。

ただし、極稀にFODが独占して見放題配信している作品があります。

調査時は『デクスター』はFODでしか配信されていなかった作品で、独占的に見放題できた作品です。

基本は国内ドラマや映画、バラエティですが、たまにアツい海外ドラマ配信してくれるのが特徴。