出張が多いサラリーマンの支えとなるのが「ダウンロード機能」によるオフライン視聴。

オンライン視聴が基本のVODサービスでは「通信が安定しない移動中」や「回線がおそすぎるホテル」などでかなり活躍してくれます。

出張族からすれば「ダウンロード」は必須機能だと言ってもいいでしょう。

そんなダウンロード有りのVODをまとめると共に、オフライン視聴に関係する機能(ダウンロード容量や保持期間)をサービスごとに比較してみました。

  1. ダウンロード対応のVOD一覧
  2. ダウンロード対象作品について
    1. ダウンロード対象作品の違い
    2. レンタル作品のダウンロード
    3. RakutenTVのダウンロード機能
  3. ダウンロード対応してる端末・アプリ

ダウンロード対応のVODラインナップ

VOD 月額 ダウンロード対象動画
U-NEXT ¥1,990 見放題作品+レンタル作品
dTV ¥500 見放題+レンタル
amazon primeビデオ ¥325 見放題+レンタル
TSUTAYA TV ¥933 レンタル作品
RakutenTV ¥1,990 見放題+レンタル
観劇三昧 ¥980 見放題+レンタル
dアニメストア ¥400 見放題作品
アニメ放題 ¥400 見放題作品
auビデオパス ¥562 見放題作品
NETFLIX ¥650~ 見放題作品
BUSINESS ONDEMAND ¥500 見放題作品
DMM見放題chライト ¥540 見放題+レンタル

僕が入会したことあるVODでダウンロード機能が付いているのが12サービス。

auビデオパスは入会してないけど、ダウンロード付きで有名なのでカウントしているよ。

26サービス中で12つなので、VODの1/3くらいがダウンロード有りって感じ。

調べてみると僕の思ってた以上にあってビックリ。

まぁ、サービスによってダウンロード対象の範囲が違うので、この辺を踏まえるとサービスに差が現れます。

ダウンロード対象作品について動画が対応しているの?

ダウンロード機能が付いているVODでも、全ての作品・動画がダウンロードできるわけではありません。

中にはダウンロード機能だけ完備していて、対象動画が少なすぎっていうパターンもあります。

その辺を調査した結果が。。。

VOD ダウンロード対象作品 対象作品の割合(体感)
U-NEXT 見放題作品+レンタル作品 多い
dTV 見放題作品+レンタル作品 多い
amazon primeビデオ 見放題作品+レンタル作品 多い
TSUTAYA TV レンタル作品 全て
RakutenTV レンタル作品 少ない
観劇三昧 見放題作品 全て
dアニメストア 見放題作品+レンタル作品 ほぼ全て
アニメ放題 見放題作品 ほぼ全て
NETFLIX 見放題作品 普通
BUSINESS ONDEMAND 見放題作品 多い
DMM見放題chライト 購入作品 全て

サービスやアプリのアップデートでころころ変更しますが、僕が調査した段階ではこんな感じ。

僕の体感ベースも入っているので参考までに。

ダウンロード対象作品はVODによって微妙に違う

VODによってダウンロード作品対象の状況を体感で調査しましたが、どうやらVODサービスごとにダウンロード対象作品は異なります。

ダウンロード可・不可は作品側とVOD側の契約しだってことでしょう。

「プリズン・ブレイク シーズン1」で調べて視たところ、UNEXTだけはダウンロード対象作品になっていました。(2018年3月30日の情報)

どのVODも「プリズン・ブレイク シーズン1」は見放題対象で、その中でダウンロードも可能だったのがUNEXTのみ。

ちなみに、「24-TWENTY FOUR-シーズン1」はdTVとUNEXTがダウンロード対象でした。

サービス プリズン・ブレイク シーズン1 24-TWENTY FOUR-シーズン1
U-NEXT
dTV ×
amazon primeビデオ × ×
NETFLIX × ×

ただし、見放題かつダウンロード可能なのはUNEXTだけでした。dTVはレンタルです。

2つの作品だけで見るとダウンロードに関してはUNEXTが優秀。

海外の有名ドラマなのでNetflixやアマゾンプライムなどは強そうなイメージなんですけどね。

レンタル動画はダウンロード対象が基本だが…

見放題の作品でダウンロードが不可のものがチラホラあるというのは何となく理解できるんです。

が、都度お金を支払ってレンタルした作品がダウンロードできないのはサービスとしてキツイですよね。

今のところ、僕が調べている中でレンタルした作品がダウンロード不可というのはRakuten TVだけ。

他にもあったら教えてください。

ダウンロード可能なVODだとレンタルした作品はほぼほぼダウンロード視聴ができると思っていいでしょう。

Rakuten TVはちょっとひどすぎる

Rakuten TVは王道のVOD(Hulu、dTV、UNEXTなど)と少し違うサービス体系で、基本は作品ごとのレンタルで楽しむサービスです。

そのレンタル作品の中に「アプリでダウンロード可」の作品とそうでない作品があります。

まず、レンタルした作品なのにダウンロードできるものが少ないっていうのもマイナス評価なんですが、ダウンロード可の作品でもなぜ
アプリでダウンロードできません。

こんな感じで、作品ごとに表示してあるんです。初め、これに気づかずにエウレカセブンをレンタルしアプリでダウンロードを試みようとしたところ対象外だったので
できないことに気づきました。

その後、邦画ランキング1位だった「アプリでダウンロード可」の作品を探しレンタル。

やっとアプリでダウンロードを試せると思いきやこの有り様。

なぜかダウンロード対象作品でもアプリ(iOS)でダウンロード出来ず。

いやいや、あの「アプリでダウンロード可」表示なんやねん。酷すぎる・・・

対応している端末とアプリ

作品のダウンロードは仕様している端末(デバイス)が対応していなければなりません。

端末というよりはアプリがあるか否かがポイント。

ほとんど(というか全部)はスマホのアプリ内でダウンロードでき、それ以外でもダウンロード可能なのかがポイント。

また、何台のデバイスまでダウンロードが可能なのかも調査してみました。

VOD ダウンロード可能デバイス ダウンロード可能なデバイス台数
U-NEXT Android/iOS 1台以下
dTV Android/iOS 2台以上
amazon primeビデオ Android/iOS/FireOS 2台
TSUTAYA TV Android/iOS 1台※
RakutenTV Android/iOS 不明
観劇三昧 Android/iOS 1台
dアニメストア Android/iOS 2台以上
アニメ放題 Android/iOS 1台以下
NETFLIX Android/iOS 1/2/4台
BUSINESS ONDEMAND Android/iOS 2台以上
DMM見放題chライト Android/ios/win/mac 5台以上

※購入作品は2台までダウンロード可能。

基本はAndroidかiOSですが、amazonプライムビデオだけはFireタブレットでもダウンロード視聴ができる仕様になっています。

また、DMMは購入した作品のみが対象ですが、PCでもスマホ/タブレットでもダウンロードして視聴できます。

ポイント

ダウンロード可能なデバイス数の「○台以上/以下」はサムライVODで確認できている台数です。公式のアナウンスではありません。また、公式で1台でも2台以上確認できている場合は「2台以上」としています。