バンダイが提供しているVODサービス「バンダイチャンネル」。パット見だと古臭くて、あまり期待でせずに入会しましたが、これがなかなか充実したラインナップで、アニメ好きからすると評価高め。

ちなみに、バンダイチャンネルはアニメだけのVODです。

基本的に低く見積もっていただけに、豊富なコンテンツ量に驚きました。これがギャップってやつか。

VODとしてかなり歴史は古く2002年くらいから、バンダイチャンネルでアニメやOVAなどが配信されているみたい。アニメ好きなのにこれを知らないところがにわかっぷり炸裂ですね。

そんなアニメ専用の動画配信サービス「バンダイチャンネル」を他のアニメ専用VOD(dアニメストア、アニメ放題)と比べながら評価し、まとめてみました。

ステータス

月額(税別) 1,000円
無料お試し期間 なし
動画の配信体制(PPV) 見放題+レンタル
運営(本拠地) 株式会社バンダイナムコ
支払い クレカ/yahoo/電子マネー/バナコイン
画質 HD/SD/360p/180p
ダウンロード機能 なし
同時視聴数 1人
連携ログイン FB/TW/LINE
視聴デバイス PC/スマホ/テレビ/プレーヤー/ゲーム機

コンテンツのジャンル比率

バンダイチャンネルは扱っている動画ジャンルはアニメしかありません。(若干、特撮ものがあります。)

サービスと料金について

月額料金とサービス内容

アカウント サービス 料金
バンダイチャンネルアカウント 会員登録 無料
見放題 月額1,000円
レンタル 1話108円~

バンダイチャンネルには無料会員でも登録ができ、そのアカウントで色々な動画を都度レンタルすることができます。

「見放題」というのはバンダイチャンネルの中にある1つのサービスです。

見放題と言っても全てのコンテンツが対象というわけではなく、大体1/3が見放題で、毎月数十作品が追加(入れ替わる)される仕様になっています。

また、無料登録すらせずに動画を視聴することも可能です。視聴できるのはアニメ作品の1話だったり、予告編のみですけどね。

レンタル料金とパック割引

バンダイチャンネルでは1話ずつ動画をレンタルできます。1話あたりアニメ・ドラマで108~216円でレンタル期間は7日間。

映画だと324円/432円/540円で、レンタル期間が2~7日間。作品によって変わります。

どこのVODでも一緒ですが、まとめてレンタルすると1話あたりの料金がお得になります。

バンダイチャンネルでは複数話パックでレンタルすると20~30%OFFくらいお得です。

  • 11話パックで1,663円(30日間)通常の30%OFF
  • 6話パックで1,036円(14日間)通常の20%OFF

僕が今のところ利用して把握しているのがこんなパッケージですね。

無料お試し期間

バンダイチャンネルはお試し期間はありませn。無料会員登録があるので、無料動画で使用感は分かりますし、作品ラインナップなどは無料・有料会員で変わるわけではないので問題ないかと。

昔はあったのかもしれませんが、僕が入会した2018年2~3月はありませんでした。

支払い方法は豊富

ちょっとビックリするのが支払い方法の充実さ。

動画レンタル時にしか支払いが発生することはありませんが、この充実っぷりは今までで初めて。

気になったのがバナコインという独自の電子マネー。

ガンダム好きでバンダムサービスの御用達の人なら馴染みがあるのでしょうが、バンダムバージンだった僕にとっては初耳。

基本的にはチャージしてバナコインに変える仕組み。(1コイン=1.08円)ですが、バナフェスタウンっていうゲームの中で獲得できることもあるみたいです。

なんかヘビーユーザーにはなかなか良い電子マネーなのかもしれませんね。

コンテンツと作品

カテゴリとジャンル

バンダイチャンネルはアニメだけのVODで、特にジャンルのカテゴリは表示されていません。

  • ランキング
  • 新着
  • ブランド別
  • 日本語字幕付き
  • 入荷予定作品
  • 高画質作品

で別けられていて、古臭いデザインに感じますが、これが以外にも使いやすいです。

また、再生回数やバンダイチャンネル独自のエンブレム機能を使ったソートもできるので、人気や評価が高い作品は色々な角度から見つけやすいと思います。

追記:条件別検索でジャンル別けされてある。

条件別検索のボタンを押すと、色々なジャンルでまとめられています。

また、年代でも検索できるようになっているので、懐かしいアニメを探している時には便利かと。

見放題もレンタル作品も充実している

バンダイチャンネルを低く見積もっていたのもあるけど、作品数はかなり充実しているという印象。

ラインナップされている全作品数が3,000(約50,000話)ぐらい。その内の約1,000作品(約20,000話)が見放題の対象です。

dアニメストアやアニメ放題と比べると見放題の作品数では少し目劣りしてしまいますが、レンタル作品も含めるとバンダイチャンネルが一番多いです。(2018年3月7日の情報)

その中から、毎月新しく見放題作品が追加されるので、dアニメストアやアニメ放題とそこまで大きな差はないと思います。

ただし、dアニメストアやアニメ放題と大きく違うのは「今やっているアニメの見逃し配信」です。

バンダイチャンネルは見逃し配信に対応していないので。

頻繁に作品が追加される

バンダイチャンネルでは一月の中でちょくちょく見放題作品が追加されます。

月替りに見放題作品がゴロっと追加される仕組みではありません。

2018年の3月であれば、こんな感じでスケジュールされています。

このキャプを撮ったのが3月7日で、2018年4月16日までの追加予定作品が表示されています。

見放題終了は月末一気

追加は一月の中でちょいちょいありますが、見放題終了は月末一気にくるので要注意。

2018年3月だとこれだけの作品が見放題の対象から外れます。

人気の作品などは定期的に復活すると思いますが、いつまた見放題対象になるかはわからないので、月初めにチェックしておきましょう。

こういった終了アナウンスが明記してあるのは有り難いですね。

以前、アマゾンプライムでガンダムが見放題だった頃。1週間位かけて楽しんでいたら、8割くらい視終わったところで突然レンタル対象に切り替わって発狂した苦い経験があるので。

ちなみに、バンダイチャンネルでも見放題の対象から外れてもレンタルすれば視聴できますよ。